デコンボリューションソフトウェア(DRS) を使用したGC/MSDによる農薬スクリーニング

デコンボリューションソフトウェア(DRS) を使用したGC/MSDによる農薬スクリーニング

Pub.No. 5989-1157JAJP

【要旨】

リテンションタイムロック(RTL)法とスペクトルのデコンボリューションを利用して、567種類の農薬と内分泌攪乱物質の疑いのある物質を1回の GC/MS分析でスクリーニングするための方法が開発されました。スペクトルのデコンボリューションは、同時溶出するマトリックス化合物の下に埋もれている農薬を特定するのに役立ちます。RTLは、間違った候補を排除して結果の確度を高めるのに役立ちます。

分野 環境食品
キーワード Pesticide、 GC/MS、 Deconvolution Reporting Software、 DRS、 RTL、 Retention Time Locking、 Endocrine Disrupter、5989-1157JAJP 
掲載年月 2006/09
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 490kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6890 GC
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

混合ハーブのTIC