地表水中に含まれる微量農薬の抽出・分析における残留農薬一斉分析メソッドの検証

地表水中に含まれる微量農薬の抽出・分析における残留農薬一斉分析メソッドの検証

Pub.No. 5989-1100JAJP

【要旨】

ガスクロマトグラフィー/質量選択検出器(GC/MSD)を使用するUSGS (米国地質調査所) の分析メソッドに変更を加え、農薬汚染源の特定と暴風雨シーズンにおける河川の汚染負荷量の計算に使用しました。このメソッドは、12種類の有機リン系農薬と5種類のピレスロイド系農薬に対して妥当性を検証しました。GC/MSD選択イオン検出(SIM)法を使用した場合、これらのターゲット化合物の定量限界は10~500pptです。

分野 環境
キーワード GC/MS、農薬、残留、イオン検出、5989-1100JAJP 
掲載年月 2004/09
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 549kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
GC/MS(Agilent 6890N GC、Agilent 5975 シリーズ MSD)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

SIMモードにおけるレベル5標準物質と水サンプルのTIC