Agilent 2100バイオアナライザとDNA 500ラボチップによるPCR増幅ミトコンドリアDNAの分析

Agilent 2100バイオアナライザとDNA 500ラボチップによるPCR増幅ミトコンドリアDNAの分析

Pub.No. 5989-0985JAJP

【要旨】

PCR増幅ミトコンドリアDNA(mtDNA)の配列分析は、法的検査用のツールとして急速に受け入れられつつあります。これらのPCR増幅による生成物が正しいサイズ、純度、配列分析に適した濃度を持つようにすることは、法科学におけるmtDNAアプリケーションにとって重要な第1段階となります。Agilentの2100バイオアナライザとDNA500ラボチップは、DNAフラグメントのサイズと濃度を正確に測定できることが証明されています。このアプリケーションノートでは、ミトコンドリアDNAの配列を決定する前にPCR増幅されたフラグメントを、迅速かつ効率的に分析するバイオアナライザの能力を実地に説明します。

分野 ゲノミクス国土安全保障法医学
キーワード 国土安全保障、法科学、ゲノミクス、ミトコンドリアDNA、身元確認試験、5989-0985JAJP 
掲載年月 2004/04
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 279kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 2100 バイオアナライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

HV1領域からPCR増幅したmtDNAのエレクトロフェログラム。Agilent 2100バイオアナライザで分析