パージ&トラップGC/MSを用いた水中揮発性有機化合物の分析における最適化テクニック

パージ&トラップGC/MSを用いた水中揮発性有機化合物の分析における最適化テクニック

Pub.No. 5989-0603JAJP

【要旨】

水中の揮発性有機化合物の分析は、通常はパージ&トラップ/ガスクロマトグラフィ/質量分析によって行われる。パージ&トラップによる試料導入を組み入れたUS EPA メソッド8260Bは、飲料水以外の水質試料の分析に広く用いられている。本アプリケーションノートは、そこで起こりうる諸問題と、それらに対する簡単な解決方法を論じる。ここで紹介されているテクニックを用いれば、範囲1~200μg/Lにおけるメソッド8260Bのキャリブレーション要件を満たす頑健性の高いキャリブレーションを行うことができる。

分野 環境
キーワード パージ&トラップ、GC/MS、揮発性有機化合物、最適化、US EPA メソッド8260B、5975、5989-0603JAJP 
掲載年月 2004/08
ページ数 16ページ (PDFファイルサイズ 530kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
GC/MS(Agilent 6890N GC、Agilent 5975 シリーズ MSD)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

VOCフリーの水中に表4で列挙されている化合物すべてを
50μg/L含む標準試料をP&T/GC/MS分析した結果