加工食品中の肉種識別法における、定量PCR用プライマーの条件検討

Development of meat speciation assays using the Agilent 2100 bioanalyzer (加工食品中の肉種識別法における、定量PCR用プライマーの条件検討)

Pub.No. 5988-4069EN

【要旨】

豚、牛、羊、七面鳥、鶏のゲノム DNA を元に PCR を行い、肉の種類に特異的に PCR 増幅を与える反応例を検討した。本文献では七面鳥、羊、豚、それぞれに特異的な例と、肉 (豚、牛、羊、七面鳥、鶏) 特異的な (魚と比較) 例を示した。

分野 食品
キーワード 肉種判別 
掲載年月 2001/11
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 119kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
2100 バイオアナライザ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Species specific PCR amplification of meat samples.