Access Agilent 2013年2月号

Waters Alliance HPLC システムから 最新の Agilent UHPLC システムへのメソッド移管

Christian Gotenfels
アジレント製品マネージャ、液体クロマトグラフィ

機器間でのメソッド移管は、様々な LC 機器を使用する複数の部署間や複数の拠点間で HPLC および UHPLC メソッドを移管させる必要がある分析にとって重要なテーマです。特に医薬品の品質管理のような規制遵守が厳しい環境下では、オリジナルメソッドに修正を加えるのを避ける必要があるため、LC メソッドの移管は非常に大変な作業となります。

Waters Alliance HPLC 2695 から 1290 Infinity バイナリおよび ISET 搭載 1290 Infinity バイナリへのメソッド移管

図 1. Waters Alliance HPLC 2695 から 1290 Infinity バイナリおよび ISET 搭載 1290 Infinity バイナリへのメソッド移管
(図を拡大)


Waters Alliance HPLC 2695 から 1290 Infinity バイナリおよび ISET 搭載 1290 Infinity バイナリへのメソッド移管
 

条件

サンプル

農薬

カラム

4.6 x 100 mm ZORBAX Eclipse Plus、5 µm

流速

2 mL/min、25~95 % アセトニトリル-水

図 1. Waters Alliance HPLC 2695 から 1290 Infinity バイナリおよび ISET 搭載 1290 Infinity バイナリへのメソッド移管

メソッド移管に影響を与える多くのパラメータ

パワーレンジ、ディレイボリューム、ミキシング挙動、温度制御、カラム外ボリューム、検出器セルなどはLC の機種によって異なるため、異なる機種間でメソッドを移管する際に影響を与えます。特に問題となるのが、Waters Alliance など旧型の HPLC システムから、Agilent 1290 Infinity LCなど新型の UHPLC システムへメソッドを移管する場合です。こうしたケースでは、リテンションタイムやピークの分離度に違いが生じる可能性があります。

分離能とリテンションタイムに影響を与えるディレイボリュームとミキシング挙動

LC システムのディレイボリュームは、移動相溶媒がカラムに到達する速度を左右します。またミキシング挙動は、実際のグラジエント挙動に影響を与えます。Waters Alliance 2695 HPLC システムのディレイボリュームは 650 µL であり、溶媒はポンプの低圧側で混合されます。それに対して、Agilent 1290 Infinity バイナリ LC システムでは高圧ミキシングが用いられているため、ディレイボリュームは 140 µL 未満です。そのため、単純にそのままメソッドを移管すると、リテンションタイムと分離能が異なる結果が得られます( 1 参照)。

ISET 搭載 Agilent 1290 Infinity LC なら、あらゆる旧型の HPLC メソッドや最新の UHPLC メソッドの移管を行い、同じ結果を得ることができます。操作はマウスをクリックするだけです。

図 2. ISET 搭載 Agilent 1290 Infinity LC なら、あらゆる旧型の HPLC メソッドや最新の UHPLC メソッドの移管を行い、同じ結果を得ることができます。操作はマウスをクリックするだけです。(図を拡大)

ISET 搭載 Agilent 1290 Infinity LC なら、あらゆる旧型の HPLC メソッドや最新の UHPLC メソッドの移管を行い、同じ結果を得ることができます。操作はマウスをクリックするだけです。
 

図 2. ISET 搭載 Agilent 1290 Infinity LC なら、あらゆる旧型の HPLC メソッドや最新の UHPLC メソッドの移管を行い、
同じ結果を得ることができます。操作はマウスをクリックするだけです。

「限りなく」優れた機器間でのメソッド移管を可能にするアジレントの ISET

アジレントの ISET (Intelligent System Emulation Technology:インテリジェントシステムエミュレーション技術)を備えた Agilent 1290 Infinity バイナリ LC は、最も適応能力の高い UHPLC システムです。2 に示すように、ISET を適用することにより、旧型の HPLC システムで使用していたあらゆるメソッドを最新の UHPLC システムへ移管し、同じ結果を得ることができます。オリジナルのメソッドを変更したり、機器を物理的に修正したりする必要はありません。

この新技術は、アジレントの2つの革新的技術をベースにしています。

  • Agilent 1290 Infinity バイナリ LC の性能の高さ
    広いパワーレンジ、比類のない流速および組成精度、超低ディレイボリューム、優れた感度を備えた Agilent 1290 Infinity バイナリ LC は、ISET 技術を実装するための主要な要件を満たしています。
  • 革新的なエミュレーションアルゴリズム
    ターゲットとなる LC 機器のシステム挙動に関する正確な情報と、Agilent 1290 Infinity バイナリ LC の高い精度から生まれたエミュレーション機能により、選択した機器と同じグラジエント条件が得られます。リテンションタイムや分離能は変化しません。
Agilent 1290 Infinity LC の広いパワーレンジにより、HPLC と UHPLC 間におけるメソッド移管がナローボアカラムから標準ボアカラムまで可能になります。

図 3.Agilent 1290 Infinity LC の広いパワーレンジにより、HPLC と UHPLC 間におけるメソッド移管がナローボアカラムから標準ボアカラムまで可能になります。
(図を拡大)

Agilent 1290 Infinity LC の広いパワーレンジにより、HPLC と UHPLC 間におけるメソッド移管がナローボアカラムから標準ボアカラムまで可能になります。
 

図 3. Agilent 1290 Infinity LC の広いパワーレンジにより、
HPLC と UHPLC 間におけるメソッド移管がナローボアカラムから
標準ボアカラムまで可能になります。

メソッド開発と QA/QC の生産性を向上し、コストを削減

Agilent 1290 Infinity バイナリ LC と ISET を組み合わせることで、目的の機器で確実に動作するメソッドをUHPLCの能力を活かすことで迅速に開発することができます。マウスをクリックするだけで、オリジナルのメソッドを開発した他の LC システムと同じ挙動をアジレントのUHPLCが示すため、QA/QC においてメソッドを移管する際の諸問題が解決します。従来のメソッドを ISET で実行することができる一方で、1290 Infinity バイナリ LC が持つ UHPLC の高速、高分離、高感度を最大限に活用することができます。従来の古い LC システムを無理に維持する必要性はありません。

HPLC から UHPLC へ効率的にメソッドを移管する方法の詳細

Agilent ISET 技術を搭載した1290 InfinityバイナリLCの利点や、簡単で効率的な機器間でのメソッド移管の詳細をご確認ください。