Access Agilent 2012年4月号

NEW! Agilent 1290 Infinity システムで大容量注入を実現

Martin Vollmer
アジレント LC プロダクトマネージャ

Agilent 1290 Infinity 大容量注入キットにより、Agilent 1290 Infinity システムで、最大 120 µL の容量を注入できるようになりました。このキットの大容量注入キャパシティを活用すれば、アプリケーションの幅を広げ、汎用性を高めることができます。グラジエント動作での高希釈サンプルの分析が必要なアプリケーションでは、こうした機能は特に重要となります。

大容量注入を可能にするのは、シートキャピラリエクステンションです。このシートキャピラリエクステンションは、迅速かつ簡単に取り付けることができます。また、必要のないときには、数秒で取り外し、標準の状態に戻すことも可能です。もちろん、アジレントでは、1290 Infinity オートサンプラの標準設定として、20 µL または 40 µL の可変ループの提供を今後も続けます。ほとんどのアプリケーションでは、たいていはこの標準設定で十分です。

Agilent 1290 Infinity 大容量注入キットでは、全自動マルチ吸引アプローチにより、最大 120 µL の注入を可能にしています。これにより、あらゆる LC アプリケーションでシステムの柔軟性が高まり、標準 LC から UHPLC へのメソッド変換が容易になります。

アジレントの新しい 1290 Infinity 大容量注入キットの利点の詳細については、お近くの Agilent 販売店にお問い合わせください。今後の Access Agilent でも、1290 Infinity システムに関連する役立つ新製品の情報を紹介していきます。