キャピラリエレクトロスプレー

キャピラリエレクトロスプレー

キャピラリエレクトロスプレーにより感度を向上

サンプル量が制限されている分析では、流量が毎分マイクロリットルレベルのキャピラリ液体クロマトグラフィーを利用すれば、多くのケースで LC/MS の感度が向上します。アジレントの標準的なエレクトロスプレーイオン源には、キャピラリLC分離に対応するために、マイクロリットルレベルの流量に最適化されたキャピラリネブライザを搭載することができます。イオン源の調整は必要なく、直交型ネブライザや対向型乾燥ガスといったすべての特長をそのまま利用できます。キャピラリネブライザは、感度や使いやすさに優れた信頼性の高いキャピラリLC/MSを実現します。

お見積りはこちらお問合せはこちら