VW 絶対正反射アクセサリ (4、5、400、500、500i、4000、5000、6000i、および遠紫外線装置用)

UV-Vis & UV-Vis-NIR システム

VW 絶対正反射アクセサリ (4、5、400、500、500i、4000、5000、6000i、および遠紫外線装置用)

鏡面反射率を測定

Cary 4、5、400、500、500i、4000、5000、6000i、および遠紫外線装置用
VW 絶対正反射アクセサリは、鏡や光沢塗料で覆われた表面などのサンプル表面からの鏡面反射率を測定するように設計されています。幅広いアプリケーションには、光学表面の研磨度の測定や薄膜コーティングの厚さの測定が含まれます。最小直径 12 mm までのサンプルを測定します。
光スループットを最大化するシングルバウンス技術を使用して、無反射コーティングなどの非常に反射率の低いサンプルを測定します。サンプルの横にある反射率が既知の鏡は、光の最初のバウンスを反射します。次に、サンプルは 2 回目のバウンスを反射します。鏡が信号に与える影響に対してデータが補正されます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 精度:1% より優れた反射率
  • 波長範囲: 175 ~ 900 nm (Cary 4、400、および 4000)
    175 ~ 3300 nm (Cary 5、500、および 5000)
    175 ~2000 nm (Cary 500i)
    175 ~ 1800 nm (Cary 6000i)
  • 入射角:7 度
  • サンプルサイズ: 最大 - サンプルコンパートメントの高さと幅によって制限されます。
    最小 -  2 回の反射に対しては直径 25mm 1 回の反射に対しては直径 12mm

ページTOP

インフォメーション

ページTOP