PD2020+ スタティックおよび
ダイナミックレーザー光散乱検出器

GPC/SEC 機器およびシステム

PD2020+ スタティックおよび
ダイナミックレーザー光散乱検出器

高性能で結果が正確

PD2020 光散乱検出器は、15 および 90 度の散乱光の強度から、高感度 10 μL フローセルを通過する分子からの入射レーザー光線までの分子量とサイズデータを提供します。この LSD には、高性能ダイオードレーザー、高速デジタル信号プロセッサ、および高度なアバランシェフォトダイオード検出器が組み込まれています。革新的な立体軸設計により、あらゆる使用条件での堅牢性が保証されます。


本システム (GPC/SEC) に関して、日本国内においては、エーエムアール株式会社が一部製品・ソリューションの販売、および、サポートを行っております。

Agilent InfinityLab GPC/SEC システム

  • お問い合わせ先 : アジレント・テクノロジー株式会社
  • お問い合わせ電話番号 : 0120-477-111
  • お問い合わせフォーム : http://www.agilent.com/chem/contactus:jp

高温 GPC、マルチ検出器 (MDS) および関連製品

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 高性能セル設計は、1000 Da未満から通常は 106Daンまで、多くのポリマについてはさらに 107 Daまでの広範囲の分子に対してきわめて正確な測定を可能にします。
  • 低分子量でも正確な結果。わずか 10 μL のセル容量により、バンドの広がりが事実上ありません。
  • ソフトウェアは、バンドの広がりを無視できることで可能になった相互相関手法を使用して、検出器間の容量の正確な値を自動的に計算します。
  • PD2020+ の優れた光学設計により、拡散量が非常に小さくなり (0.01 μL)、理想的とは言えないクロマトグラフィ状況で操作するときのストレイ粒子の影響が最小限に抑えられます。

ページTOP

アクセサリとソフトウエア

ページTOP