マルチ検出器

GPC/SEC 機器およびシステム

マルチ検出器

高速、簡単、経済的な GPC 手法 

390-LC マルチ検出器スイート (MDS) は、物質科学、ライフサイエンス、および医薬品におけるゲル浸透クロマトグラフィ (GPC) アプリケーション用に設計された統合マルチ検出器プラットフォームです。機器には、すべてのタイプの GPC を実行できる最大 3 つのリンクされた検出器モジュールが任意の組み合わせで含まれているため、390-LC は GPC に適した最も汎用性の高い検出器となっています。


本システム (GPC/SEC) に関して、日本国内においては、エーエムアール株式会社が一部製品・ソリューションの販売、および、サポートを行っております。

高温 GPC、マルチ検出器 (MDS) および関連製品

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 包括的。マルチ検出器 GPC を日常的に簡単に実行できます。
  • 汎用性。機器はソフトウェアまたは高感度タッチキーパッドで制御でき、使いやすさが最大化されます。MDS は、既存の LC システム、または 290-LC ポンプインジェクタモジュールで使用できます。
  • 簡便性。既存の検出器からのデータを 390-LC で収集できます。
  • 高品質の結果。検出器セルを加熱してベースライン品質を維持できます。
  • 適応性。3 台の検出器を任意に組み合わせてシステム内に収容でき、3 検出器システムにいつでもアップグレードできます。
  • 安全性。システムをシャットダウンできる複数の溶媒リーク検出器が含まれており、有害な溶媒の漏れを最小限に抑えます。
  • 経済的なデータ収集。390-LC は、Cirrus GPC/マルチ検出器ソフトウェアに直接取り込めるデジタル信号を提供するため、アナログ/デジタルコンバータの費用を節約できます。

ページTOP

アクセサリとソフトウエア

ページTOP