薬物代謝と薬物動態(DMPK)

代謝部位に関する知識は、好ましい薬物動態特性を有し、代謝ソフトスポットの修飾を促進する新薬候補物質の選択に不可欠です。バイオアナリシスラボにおいて必要なのがスループットの向上や自動化であれ、最新の LC/MS であれ、アジレントはニーズに最適のソリューションを提供します。

お問い合わせ

注目すべきリソース

医薬品のバイオアナリシスにおける 2D-LC/MS/MS のメリット

複雑なサンプルに対し共溶出およびクロストークのリスクを解消する、薬物動態研究における薬物とその代謝物の 2D-LC/MS/MS 分析。

アプリケーションノートはこちら

Agilent トリプル四重極 LC/MS システムによる薬物動態の評価

高感度 LC/MS/MS メソッドは、26 種類の抗てんかん薬(AED)のフルパネルの同時定量のために開発されました。

アプリケーションノートはこちら

細胞外フラックス分析および 13C 安定同位体トレースによる代謝変化の解明

リアルタイムの細胞外フラックス情報と 13C 安定同位体トレースを組み合わせることで、マクロファージ活性化のメカニズムについてより深く理解できます。

アプリケーションノートはこちら

使いやすい 2D-LC

時間がかかり面倒な 2D-LC のセットアップを容易にする Agilent 1290 Infinity 2D-LC ソリューションは、複雑なサンプル分析に最適です。メソッドのセットアップはわずか数分で済み、優れたリテンションタイムと面積精度を実現して業界最高の分離能力を実現します。動作の仕組み



Agilent 6546 LC/Q-TOF:代謝物分析の信頼性とスループットの向上

メタボロミクス分析における Agilent 6546 LC/Q-TOF の機能のほか、Agilent 6550 iFunnel Q-TOF LC/MS との性能の比較について説明します。



Agilent RapidFire 400 ハイスループット質量分析システム

Agilent RapidFire ハイスループット質量分析システムにより、確かな競争上の優位性を獲得し、より迅速で効率的な創薬パイプラインを構築できます。






お問い合わせ

アプリケーション、教育イベント、ウェビナー、製品など、DMPK 分析の最適化に役立つ最新情報をお届けします。

お問い合わせ

本製品は一般的な実験用途での使用を想定しており、医薬品医療機器等法に基づく登録を行っておりません。


RA44187.8736574074