カプセル、錠剤、粉末、ゲル、懸濁剤などのインタクトなサンプルを迅速に定量

多くの化学物質は複数の結晶形として存在します。この現象は多形と呼ばれています。結晶多形にはさまざまな物理化学的特性があり、これらの違いが薬効や安全性に影響を及ぼす可能性があります。アジレントは、カプセル、錠剤、粉末、ゲルなどのインタクトなサンプルのための結晶多形分析ソリューションを提供します。

お問い合わせ

注目すべきリソース

透過型ラマン分光分析によるワルファリン中の不純物の定量測定

低含量でのインタクト錠剤中のワルファリンナトリウム塩の分析および定量。

アプリケーションノートはこちら

Agilent 8700 LDIR ケミカルイメージングシステムによる結晶多形分析

Agilent 8700 Laser Direct Infrared ケミカルイメージングシステムを使用した結晶多形の迅速な判別および分類。

アプリケーションノートはこちら

TRS を用いた結晶化度の定量

透過型ラマン分光は、医薬品サンプル中の低濃度結晶 API のバルク定量向けの効果的なメソッドです。

アプリケーションノートはこちら

TRS100 を用いた、よりスマートな医薬品定量分析

TRS100 を使用し、サンプル前処理、消耗品、または湿式化学分析なしで賦形剤と API の定量分析を数秒で実行する方法を説明します。



CU および結晶多形含有量測定のための透過型ラマン分光 J&J の戦略とアプローチ

CU および結晶多形含有量を測定するために、どのように透過型ラマン分光を使用できるかをご覧ください。



透過型ラマン分光による医薬品の分析

透過型ラマン分光(TRS)では、サンプル前処理が不要で数秒で実行可能なバルク透過分析に、高い化学的特異性を組み合わせています。従来の含量均一性試験メソッドをレベルアップし、高速化するために、TRS が最適の選択肢である理由を説明します。






お問い合わせ

アプリケーション、教育イベント、ウェビナー、製品など、結晶多形分析の最適化に役立つ最新情報をお届けします。

お問い合わせ

DE44187.6783796296