【NEW】
Agilent 6470B トリプル四重極
LC/MS システム

LC/MS システム

【NEW】
Agilent 6470B トリプル四重極
LC/MS システム

Agilent 6470B トリプル四重極 LC/MS システムは、食品や環境分析、ライフサイエンス研究、および規制アプリケーションにおいて、堅牢な性能と高い汎用性を発揮します。
幅広いイオン源が選択可能で、ラボで要求されるあらゆるタイプの分析ニーズに確実に対応できます。
クラス最高の感度、精度、スキャン速度を誇り、使用サンプル量の削減や、サンプルの希釈による測定でも、信頼のおける高い精度が得られます。

6470B トリプル四重極 LC/MS/MS では、Agilent Jet Stream イオン源、湾曲形状のコリジョンセル、±20 kV 高エネルギーダイノードなど、優れた技術を多く採用しています。
これら最新技術の活用により、イオン化を最大化し、機器ダウンタイムを最短にとどめ、感度を大幅に向上できます。
同時に、広いリニアダイナミックレンジを実現します。さらに VacShield の活用により、システムの堅牢性と信頼性が向上します。
その結果、ラボでメンテナンスに費やす時間が短縮され、ダウンタイムを減らすことで、生産性が向上します。

 

お見積りはこちらお問合せはこちら

特徴

  • VacShield 技術によりメンテナンス時間を短縮し、ベントなしでイオンインジェクターキャピラリーのメンテナンスを実施できます。
  • Agilent Jet Stream(AJS)イオン源によりサンプルのイオン化を最大化することができ、フェムトグラム未満の検出限界が実現できます。
  • 多くの用途で構成が容易な複数のイオン源を備えているため、あらゆるタイプの LC/MS 分析(AJS、ESI、APCI、MMI)が可能です。
  • 質量範囲が広く、さまざまなクラスおよびサイズのイオン(低分子から多価イオンペプチドまで)の分析が可能です。
  • トリガー MRM(tMRM)を用いて、スクリーニング、確認、および定量化します。tMRM は、高速かつ高感度の MRM 定量化と、ライブラリ検索および化合物のスクリーニング、確認のためのプロダクトイオンスペクトルの生成を組み合わせた方法です。

ページTOP