HP-PAS5

ガスクロマトグラフ

HP-PAS5

Agilent J&W HP-PAS5 非極性カラムは、有機塩素系農薬の分析用に特化して設計され処理されています。動作温度範囲は -60~325/350 °C で、すべての HP-PAS5 カラムが ECD テストを受けており、農薬分解を最小限に抑えて低 ECD ブリードを実現します。各カラムは化学結合・架橋タイプ、溶媒洗浄可能で、厳密な QC 業界規格に対してテストされ、分析結果の精度と完全性において高い信頼性を提供します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 非極性
  • 有機塩素系農薬の分析用に特化して設計および処理済み
  • ECD テストにより、最小限の農薬分解と低 ECD ブリードを保証
  • 化学結合・架橋タイプ
  • 溶媒での洗浄が可能
  • すべての Agilent J&W GC カラムは、カラムブリード、感度、効率について、業界の非常に厳しい QC 仕様に基づく試験を受けているため、非常に信頼性の高い定性/定量結果を取得可能
  • 試験混合物と結果のクロマトグラムを含む QC 試験条件の詳細については、各 GC カラムに付属している Agilent J&W GC カラムパフォーマンスサマリーを参照 同等品: SPB-5、RSL-200、Rtx-5、BP-5、CB-5、OV-5、007-2 (MPS-5)、SE-52、SE-54、XTI-5、PTE-5、CC-5、ZB-5

ページTOP

仕様

  • Agilent J&W HP-PAS5 の製品仕様
  • キャピラリー
    内径 (mm) 0.32 mm
    長さ (m) 25 m
    膜厚 (µm) 0.52 µm
    温度限界 (°C) -60 ~ 325/350 °C

ページTOP