Purification

Purification

分取液体クロマトグラフィーシステム (分取 LC)

医薬品として使用される高価値な高純度化合物は、特に医薬品の開発段階においてニーズが高まっています。そのため、分取 LC の高度な自動化について、いっそうの取り組みが求められています。現在の分取 LC は、もはや推測に基づく作業ではありません。ルールを文書化し、それに基づいて最適な結果を得るための方法が確立されています。適切な初期条件を検討し、スループット、収率、純度を最適化することは、基本的な考慮事項です。アジレントは、最新の自動分取 LC の原理に関する記事を公開しています。ぜひご参照ください。

Purification アプリケーション

  • Agilent Infinity II 分取精製システムを使用したピークトリガー分取(LC-201803ND-001)1.36MB複雑な混合物である試料を分取精製する際に、用途や目的により、複数波長によるUV検出が有効なケースがあります。複数波長の組み合わせにより、網羅的、または選択的なピーク検出が可能となります。また、分析条件によって、ピーク形状やベースラインが変化することがあります。そのような場合には、特定の時間ごとにピーク検出の設定を変更することで、より適切なピークの分取が可能となります。本アプリケーションノートでは、Agilent Infinity II 分取精製システムを用いて、複数波長を用いたピークトリガー分取およびタイムテーブルを用いてピークトリガーを最適化した例を紹介します。
  • リン酸緩衝液を用いたオリゴヌクレオチドの分離とターゲットピークのオンライン脱塩及び分取(LC-201709ND-001)928KB一般的にはイオンペアを用いた分離を行うオリゴヌクレオチドを、サイズ排除クロマトグラフィーでリン酸緩衝液を用いて分離しました。さらに目的ピークをバルブの動作によりハートカットすることで、揮発性移動相の系に移送し分取を行いました。これらを全てオンラインで行い、良好な回収率を得ることができました。
  • モノクローナル抗体のスモールスケール精製と分析を 1 台の LC システムで実現(5991-1195JAJP)849KBAgilent 1260 Infinity バイオイナートクオータナリ LC システムによる大容量注入によるタンパク質の精製 このアプリケーションノートは、細胞溶解液からのモノクローナル抗体 (mAb) のスモールスケール精製とその後の分析を、Agilent 1260 Infinity バイオイナートクオータナリ LC システム 1 台で行うためのアプリケーションソリューションを紹介します。

Purification 関連文献

  •  Agilent InfinityLab LC 分取精製ソリューション(5991-9154JAJP)3.45MBサンプル単離と精製で最高純度と回収率を実現するため、Agilent InfinityLab LC 分取精製ソリューションは分析から分取スケールまでのワークフローに高性能の機器とカラム、ソフトウェア、サービスを提供します。単一のプラットフォームをベースとした包括的かつ拡張性の高いポートフォリオにより、現在はもちろん、将来的なラボのニーズにも対応できる柔軟なシステム構成が可能です。
  •  Agilent InfinityLab LC 分取精製ソリューションセレクションガイド(5991-8010JAJP)3.53MBAgilent InfinityLab LC 分取精製ソリューションは、高性能の機器、カラム、ソフトウェア、およびサービスにより、分析スケールから分取スケールまで幅広いワークフローをサポートします。
    単一のプラットフォームをベースとした包括的かつ拡張性の高いポートフォリオにより、現在はもちろん、将来的なラボのニーズにも対応できる柔軟なシステム構成が可能です。