サンプル前処理ソリューション

迅速で一貫性に優れたサンプル処理

目的成分の損失を防ぎ、脂質の干渉を最小化

脂質によるマトリックス干渉は、特に多成分分析など複数の種類の複雑なサンプル分析の場合、低濃度成分の検出と定量の妨げとなります。

Agilent Captiva EMR-Lipid カートリッジおよびプレートの革新的な充填剤により、ターゲット化合物ではなく脂質を選択的に除去できます。さらに他社製品と比較して、> 99 % という優れた脂質除去、溶離液の高い透明度、容易な流動、大幅に少ない詰まりが実現します。

また、次の手法を選択できます。

  • 診断研究における生体サンプルのウェル内での効率的な除タンパク処理、ろ過、クリーンアップ
  • 重力を利用したパススルークリーンアップ。複雑な食品サンプルに対する複数の種類の多成分残留分析に最適
情報キットのダウンロード

一貫性に優れた高スループットの
サンプル処理を実現

Agilent 加圧式マニホールドを用いることで、サンプル処理が高速化し、一貫性が向上します。(日本では発売準備中)固相抽出 (SPE)、保持型液液抽出 (SLE)、ろ過 (除タンパク処理) などの技法を用いるにあたり、加圧式マニホールド SPE カートリッジ 48 本用および 96 ウェルプレート用により、サンプルの一貫性とスループットが最大限に高まります。

情報キットのダウンロード

オンデマンドウェビナー

サンプル処理の簡略化、分析データ品質の向上 (Simplify Your Sample Processing, Improve Your Analytical Data Quality)

脂質が成分の検出や再現性に干渉する仕組みとその理由、さらに Captiva EMR-Lipid による脂質除去の方法について説明します。

今すぐ見る (英語)
本製品は一般的な研究開発用途での使用を想定しており、医薬品医療機器等法に基づく登録は行っておりません。