【NEW】
1260 Infinity II 分取 LC/MSD システム

【NEW】
1260 Infinity II 分取 LC/MSD システム

マスベースフラクションコレクションで効率を最大限に
1260 Infinity II 分取 LC/MS システムは、ラボの精製ニーズに合わせて、UV および MS、さらには複数のフラクションコレクタで構成することができます。自動サンプル注入によりルーチン分析のスループットが向上すると同時に、マスベースフラクションコレクションによって純度を最大限に高め、再分析を最小限に抑えられます。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 精製効率
  • 最小限のディレイボリュームによりピーク拡散とキャリーオーバーを最小化
  • 統合された自動フラクションディレイセンサ技術により、採取したフラクションの純度と回収率を向上
  • ターゲット化合物に集中しつつ、幅広いフラクションサイズに対応
  • 機器効率
  • カラム最大内径 30.0 mm、最大流量 50 mL/min まで対応
  • 完全自動化されたバイアルサンプラにより、最大 3.6 mL、最大 132 サンプルまで注入可能
  • 4 種類の異なる外径のチューブに対応し、ガラス製チューブにおいて 1 モジュールあたり最大 216 個のフラクションを採取可能
  • フラクションコレクション数を減らし、装置のアップタイムを確保
  • ラボ効率
  • OpenLAB CDS ChemStation の明確なソフトウェアインフラストラクチャにより、慣れ親しんだ信頼性の高い操作が可能
  • 自動精製ソフトウェアによってワークフローを高効率で自動化
  • 同じ占有スペースでキャパシティを最大 864 フラクションまで拡張可能
  • スムーズなアップグレードパスで投資を確実なものに

ページTOP