【NEW】
Ultivo トリプル四重極 LC/MS

LC/MS システム

【NEW】
Ultivo トリプル四重極 LC/MS

Ultivo は、LC/TQ に変革をもたらす最新製品で、ボルテックスコリジョンセル、サイクロンイオンガイド、VacShield という 3 本柱の革新的な技術 (Tt) が基軸となっています。 これらの革新的な技術が、優れた感度、堅牢性、信頼性、性能を実現し、ハイスループットでのサンプル分析に追われるラボでの課題を解決します。 また、さらに使いやすくなった「Quant-My-Way」ソフトウェアによって、ルーチン分析などのラボのワークフローに合わせて表示項目を簡単にカスタマイズできるようになりました。機器のメンテナンスを必要とするコンポーネントが一目でわかる、システム診断機能も搭載されており、ラボのダウンタイム削減を図ることができます。Ultivo は、アジレント初の LC モジュールがスタック(積み重ね)可能な LC/TQ で、LC を MS 本体上に積み重ねることで、省スペースで設置することも可能です。Ultivo は、「常識を超えるパワーと驚くべきコンパクトさ」を両立させた製品です。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • VacShield が、機器のメンテナンスに伴うダウンタイムを最小化し、ラボの効率を高めます。キャピラリインタフェースの定期点検で真空マニホールド全体を大気開放する必要がありません。
  • 新設計サイクロンイオンガイドがイオンビームを効率よく圧縮し、アナライザへイオンを導入します。イオンソースからマスフィルターまでのイオン透過率が高まり、データ品質が向上します。
  • 新設計のボルテックスコリジョンセルにより、セル内でのイオンの衝突を効率よく行うことができ、セル内のイオンの集束率と透過率を高めることができます。結果として、セル内でイオンが効率よく移送されることで、異なるトランジション間でのクロストークが排除されます。結果として、バックグラウンドノイズを減らすことが可能隣、1 秒あたりの MRM 数が増加し、信頼性の高い結果が得られます。
  • 業界最小スペースの LC/TQ で、限られたラボのスペースでも複数配置することが可能です。コスト削減と短期間でのラボでの投資回収を達成できます。
  • 革新的な技術に裏打ちされた高い再現性と信頼性によって、複雑なサンプルマトリックスの継続的な分析にも対応できます。
  • 直感的な操作 – カスタマイズしたワークフローに沿って操作が可能な「Quant-My-Way」ソフトウェアにより、オペレータの操作ミスを最小限に抑えることが可能です。
  • インテリジェントな自己診断機能により、装置のダウンタイムを抑えてメンテナンスコストを抑えることができます。
  • スクリーニング、確認、定量 – 高速かつ高感度の MRM とプロダクトイオンスペクトルを組み合わせたトリガー MRM (tMRM) の測定結果をもとに、MRM による高感度定量と同時に、化合物のスクリーニングおよび確認が行えます。
  • 市場をリードするアジレントの 高性能 LC システムポートフォリオと組み合わせることで、さらに優れた性能と効率を発揮します。

ページTOP

仕様

  • MRM 感度 IDL、ESI ポジティブ IDL < 12.5 fg

    ・ 20 fg のレセルピンを用いてオンカラムで測定
    m/z 609 -> 195 の MRM トランジションで定量
    ・ 製造時に工場にてパフォーマンスを確認し、据付時にもオンサイトで確認

    詳細な仕様については、お問い合わせください。

ページTOP