【NEW】
AdvanceBio ペプチドプラス

LC と LC/MS カラム

【NEW】
AdvanceBio ペプチドプラス

アジレントの新しい AdvanceBio ペプチドプラスカラムによる LC/MS 分析では、複数の重要な品質特性を確実に特定できます。AdvanceBio ペプチドプラスカラムによって、高速かつ高感度で、そして効率的にターゲットタンパク質とペプチドをすばやく確認して特定することが可能になります。アジレントの革新的な表面多孔質 Poroshell 技術に基づく AdvanceBio ペプチドプラスカラムは、120Å のポアサイズ、2.7 µm 粒子の上にハイブリッドのエンドキャップ処理された C-18 を備え、表面チャージするように特別に改良が加えられています。

LC/MS 機器と組み合わせることにより、AdvanceBio ペプチドプラスカラムは以下のことを実現します。

高いロード量でもパフォーマンスが低下することなく、複数の重要な品質特性を特定する優れた感度。
LC/MS メソッドで一般的な、ギ酸を含む移動相において、シャープで対称なピークを実現。
1 つのカラムを複数のシステムプラットフォームで利用可能にする、移動相組成への柔軟な対応とカラム構造。

AdvanceBio ペプチドプラスカラムは、Agilent AdvanceBio ファミリーの最新カラムであり、生体分子の特性解析のための革新的なソリューションです。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • 信頼性の高い結果 : 効率的な Poroshell の粒子形態によって高分離能分離を実現し、高いロード量でもパフォーマンスが低下することはありません。
  • 優れたピーク形状 : 表面チャージを実現するハイブリッドのC-18 と化学修飾シリカによって、ギ酸を含む移動相使用時においても優れたパフォーマンスを実現します。
  • 柔軟性の向上 : 直径 2.7 µm、120Å の表面多孔質粒子と最適化された構造によって、HPLC と UHPLC システムの両方での使用が可能です。
  • 品質管理 : 品質を保証するため、カラムはペプチド標準溶液でバッチテストされます。

ページTOP

仕様

  • 結合相 粒子サイズ ポアサイズ 温度上限

    pH 範囲

    エンドキャッピング 圧力限界
    Charged C-18 2.7 µm 120 Å 60˚C 2.0–8.0 Yes 600 Bar

ページTOP