1290 Infinity II 
メソッド開発ソリューション

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

1290 Infinity II
メソッド開発ソリューション

専用のハードウェアとソフトウェアでメソッド開発を効率化
 
LC メソッドを開発するために、さまざまなカラム、溶媒、温度、pH の評価に追われていませんか? メソッド開発プロセスをスピードアップさせる必要がありますか? そのために、堅牢で使いやすい自動アプローチが必要ですか? Agilent 1290 Infinity II メソッド開発ソリューションは、1000 を超える LC 分離条件の組み合わせから、指定したパラメータに最適な条件を自動的に引き出します。固定相と移動相を組み合わせた幅広い条件のなかから、アプリケーションに最適な分離条件を効率的に突き止めることができます。SFC バージョンも提供しています。

アプリケーションファインダーで関連アプリケーションノートおよび技術概要を見る(英語)

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • UHPLC の優れた効率をメソッド開発に活用:Agilent Infinity II 技術により、最大 130 MPa の圧力に対応できます。
  • 自動切り替え:最大 26 種類の溶媒、8 種類のカラムを切り替えることができます。
  • 最大 5000 の分離条件を評価:最大 4 台の ISET を組み合わせることにより実現します。
  • 使用カラムを追跡:InfinityLab カラム ID タグでカラムを認識。温度安定性に問題がある場合など、選択されたメソッドに使用できないカラムを自動的に除外します。
  • ソフトウェアもすべてアジレント製品Agilent メソッドスカウティングウィザードは、溶媒消費量と分析時間を最適化し、スクリーニング条件を自動的に設定します。
  • 必要に応じたシステムアップグレード:LC モジュールを柔軟に組み合わせ、ニーズや予算に応じてシステムをアップグレードできます。
  • 化合物を確実に検出6100 シリーズシングル四重極 LC/MS製品情報
  • ソフトウェアとインフォマティクス

ページTOP