FOOD TESTING INSIGHTS ! 食品検査の最新情報:役立つツール、ヒント、技術資料等

FOOD TESTING INSIGHTS

食品の品質と真正性を確保するために、食品業界では最新の状況や情報を常に把握しておくことが求められます。しかし、膨大な印刷物やインターネット上の情報から、必要な情報を探り当てるのは容易でありません。

Food Testing Insights は、食品分析にかかわるアプリケーション、ツール、手法の最新、有用な情報を四半期ごとにお客様のもとへ直接メールでお届けします。

食品検査の最前線
茶葉 蜂蜜 食肉

茶葉について: 二次元液体クロマトグラフィー (2D-LC) による分析

分離性能に優れた 2D-LC を用いることで、複雑な茶サンプル中の主要フェノール成分を分離することができます。分析メソッドと結果をご覧いただけます。

食品検査ラボのベストプラクティス

第 1 回アジレント/AOAC 共同ワークショップのダイジェストです。サンプル前処理、微量金属の分析などのセッションの内容をご覧いただけます。

食肉中の残留動物用医薬品の測定

使用した動物用医薬品の残留量が規制限度内であることを確認します。

詳細はこちら (英語)
外部サイトにリンク
詳細はこちら
詳細はこちら
ご登録者様へ

分析の最大パフォーマンスを皆様へお届け

農薬、動物用医薬品、栄養補助食品の質量分析 (mass spectrometry: MS) に役立つ情報をダウンロードいただけます。

クイックリファレンスポスター (英語)
食品検査・環境分析

QuEChERS、SPE、および脂質除去のプロトコルと、関連アプリケーションノート、部品番号、ワークフローソリューションを参照いただけます。

詳しくはこちら 資料請求はこちら (英語)
アプリケーションパイプライン
Agilent Intuvo 9000 GC および 7000 シリーズ質量分析計による多成分残留農薬の分析 JetClean セルフクリーニングイオン源による食品および飼料中の農薬分析における感度と再現性の維持 Agilent 4200/4210 MP-AES によるカリフォルニアワイン中の総ヒ素のルーチン分析 Poroshell 120 EC-C18 カラム を用いた茶葉の分析 (英語アプリケーションノート)
今すぐダウンロード 今すぐダウンロード 今すぐダウンロード 今すぐダウンロード
ニーズに応える技術革新

農薬分析用アナライザ 
有害な汚染物質を確実に検出

きわめて低い検出下限と定量下限を実現し、複雑なマトリックス中の農薬や環境汚染物質を正確に測定することができます。

詳細はこちら

Intuvo 9000
夢をかなえる GC システム

GC にはもう技術開発の余地がないという声もありました。もう一度検討してみましょう。フェラルフリー接続、クリップレスカラム、タッチスクリーンインタフェース、スマート診断機能により、これまでの GC が変わります。

詳細はこちら

4210 MP-AES
空気で行う元素分析

優れたサンプルスループットと高速シーケンス測定機能を備えた新しい Agilent MP-AES は、食品スクリーニング分析に最適です。

詳細はこちら

メソッドおよびアプリケーションのコンサルティング
生産性を向上

サンプル前処理から最終的なレポートまで、生産性の向上と成果の最大化にアジレントの最新技術をお役立てください。

詳細はこちら

6495B トリプル四重極 LC/MS
確実な成果へと導く質量分析ソリューション

限られたサンプルを限られた時間で分析できる、高い信頼性と感度を兼ね備えた分析ワークフローを実現します。

詳細はこちら
食品検査エキスパートに聞く…

脂質の除去: 食品中の農薬

EU Reference Laboratory ディレクタの Ralf Lippold 博士が、脂肪含有量の特に多い動物由来の食品に含まれる農薬の分析に伴う課題とベストプラクティスについて語ります。(英語)

今すぐ視聴(英語ビデオ)
分析者から分析者へのウェビナー (英語)

カリフォルニアワイン中のヒ素の分析 (Analysis of Arsenic in California Wines)

汚染物質を検出する分析メソッドと手法を紹介します。FDA 研究の評価結果を取り上げています。

動物用医薬品に関する
e-セミナーシリーズ:

新着
UHPLC-MS/MS による食肉中の動物用医薬品の分析 (Analysis of Veterinary Drugs in Meat with UHPLC-MS/MS)

GC/Q-TOF による多様な食品マトリックス中の農薬のルーチン定量分析 (Routine Quantitative Pesticide Analysis in Various Food Matrices Using GC/Q-TOF)

EU ガイドライン (SANTE 11945/2015) にもとづくメソッド開発と農薬のターゲットスクリーニングへの高分解能 GC/Q-TOF の活用方法を学べます。

今すぐ視聴
今すぐ視聴
今すぐ視聴
外部サイトにリンク
イベント情報

ASMS 2017 でのアジレント主催イベント

The Westin Indianapolis (米国インディアナ州インディアナポリス)
2017 年 6 月 3 日(土)

質量分析計を用いることで実現した最新の技術イノベーションを紹介するイベントを開催いたします。ぜひご参加ください。

詳細はこちら (英語) 外部サイトにリンク
その他の最新情報

アジレントの食品分析関連アプリケーションノート

アジレントの LinkedIn をフォロー: 食品アプリケーションの最新情報をキャッチできます。

ご使用のアジレント製品のプロファイル更新、またはアジレント担当者に対するコンタクト先

アジレントとつながる Facebook Twitter LinkedIn Youtube
Agilent Home  |  アジレントについて  |  ご利用規約  |  ご登録  |  東京都八王子市高倉町9-1

・私たちがお客様と交換する電子メール連絡のすべてについての規約は、「プライバシーポリシー」をご覧ください。この件に関する ご質問、コメントは、電子メール(privacy_advocate@agilent.com) にて受け付けております。
・このメールは、アジレント・テクノロジーからの「メールニュース」および「HTMLメール」の受信を希望されているお客様、弊社営業(代理店含む)と名刺 交換させていただいたお客様、および展示会、セミナーへご参加され たお客様へ送信させて頂いております。このHTMLメールはインターネットに接続した状態でご覧ください。配信停止、配信先およびお客様情報の変更はこちらへ。
※メールニュースは一般プロバイダの個人アドレスやフリーアドレスには配信できません。
※変更・停止手続きに数日要する場合がありますので、あらかじめご了承お願い申し上げます。

© Agilent Technologies, Inc. 2017