インタフェースコーン
(ICP-MS 7500 用)

分析機器用 部品と消耗品

インタフェースコーン
(ICP-MS 7500 用)

高品質なプラズマ/真空インタフェース設計は、ICP-MS システムの全体的な性能と感度に大きく影響します。インタフェースコーンはこの主要な要素です。アジレントのさまざまなサンプリングコーンおよびスキマコーンによって、プラズマで生成されるポジティブイオンを、毎回効率的に真空システムに抽出できます。アジレントのプラチナおよびニッケルインタフェースコーンは、7500 ICP-MS シリーズに必要な性能レベルを満たしています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • T-モードでは、銅ベースのニッケルサンプリングコーンと、サンプリングおよびスキマコーンを使用できます。
  • ICP-MS 7500 a/i/s システムでは、ニッケルスキマコーンを使用できます。スキマコーンのポイントは変形しやすく、変形したコーンは性能に大きく影響します。また、O-リングがつまったらメタノールで軽く拭いてください。
  • (標準モデルおよび 18 mm モデルには) 銅ベースのプラチナサンプリングコーンが用意されています。
  • ICP-MS 7500 a/i/s システムでは、銅ベースのプラチナスキマコーンも使用できます。これらのコーンは、真鍮製スキマベースに取り付ける必要があります。
  • ICP-MS 7500c システム専用に、プラチナベースおよびニッケルベースのスキマコーンとサンプリングコーンが用意されています。

ページTOP