【NEW】 Agilent 5110 ICP-OES

Dual view ICP-OES
minus the compromise

Agilent 5110 ICP-OES のご紹介

高速性と優れた精度を同時に実現

カタログはこちら

妥協のない スピード

  • 一体型のアドバンストバルブシステム (AVS) により、分析あたりのコストを削減し、生産性を 2 倍以上に向上
  • ダイクロイックスペクトルコンバイナ (DSC) 技術により、少ないガスで
    超高速の ICP-OES 分析を実現
  • 1 回の分析ですべての波長を測定し、同時測定により優れた精度を実現

妥協のない 性能

  • バブルインジェクション機能を搭載した AVS により、サンプル取り込み
    時間、安定化時間、および洗浄時間を短縮し、卓越した分析精度を実現
  • 垂直配置トーチにより、高マトリックスサンプルから揮発性有機溶媒まで、きわめて分析困難なサンプルにも対応
  • ロバストプラズマを実現するソリッドステート RF システムにより、長時間に渡る分析安定性を実現

妥協のない 操作性

  • 高速に測定できる IntelliQuant モードでは、サンプル中のすべての元素を一目で確認できる他、メソッド開発が簡素化され、サンプルの高速スクリーニングが可能
  • 直観的な Agilent ICP Expert ソフトウェアとダイクロイックスペクトル
    コンバイナ技術 (DSC) により、簡単にメソッド開発が可能
  • 一体型のスイッチングバルブとプラグ&プレイ型のトーチにより、迅速な
    分析開始を実現

信頼性と堅牢性を備えた 設計

  • 診断ソフトウェアにより、トラブルシューティングが容易になるため、
    機器の稼働時間を最大化
  • 貴重なベンチスペースを節約する世界最小の設置面積
  • 機器寿命を延ばす耐食設計

Agilent 5110 ICP-OES 紹介ビデオ

分析をいかに迅速かつ簡単に開始できるかを実際にご覧いただけます。

視聴はこちら

Agilent 5110 ICP-OES 情報キット

5110 ICP-OES により実現される革新的な性能をご覧いただけます。

資料請求はこちら

Agilent 5110 ICP-OES 製品カタログ

主な機能と利点をご覧いただけます。

カタログはこちら

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

新たな Agilent 5110 ICP-OES に関する詳細または見積りのご依頼については、
アジレントにお問い合わせください。

原子分光分析の技術革新をリードするアジレントのソリューション

アジレントの包括的な原子分光分析装置ラインナップは、高い信頼性を備え、きわめて幅広いアプリケーションに対応しています。業界最高レベルの性能を実現し、新たな可能性を切り開きます。

Agilent AA

Agilent AA は、優れた操作性と卓越した信頼性を備え、ラボの生産性を高めます。高い性能が求められる分析ラボで、また信頼性とシンプルな操作が不可欠なルーチンラボで威力を発揮します。

Agilent MP-AES

次世代 MP-AES が登場しました。 MP-AES は空気を使用して動作するため、可燃性の高価なガスを使用せずに、連続で多元素分析を実施できます。

Agilent ICP-OES

Agilent シンクロナス・バーティカル・デュアルビュー (SVDV) ICP-OES は、高速性と優れた分析性能を同時に実現します。スピードにも精度にも妥協のない分析が可能です。

Agilent ICP-MS

Agilent 7900 ICP-MS は、高い分析能力と柔軟性を兼ね備え、幅広いアプリケーションで卓越した性能を発揮します。また、新たな 7800 ICP-MS では、メソッドの設定やルーチン操作を簡単に行えるため、迅速に分析を開始し、正確な結果を生み出すことができます。詳細については、以下のボタンをクリックしてください。

Agilent ICP-QQQ

Agilent 8800 は世界で唯一のトリプル四重極 ICP-MS です。世界初にして唯一のトリプル四重極 ICP-MS である 8800 は、これまで不可能だったアプリケーションや研究を可能にします。

アジレントの部品と消耗品

ご使用の機器が ICP-MS、ICP-OES、MP-AES、AA のどれであっても、ワークフローのあらゆるステップをサポートするアジレント独自のソリューションが、より確かな分析結果をもたらし、スループットを高めます。

Agilent CrossLab

Agilent CrossLab では、包括的なサービスを通して、新たな機器やソフトウェアへのシームレスな移行、稼働時間の最大化、機器の管理および保護の簡素化を実現します。