デザイナー (危険) ドラッグキット

RELIABLY SCREEN FOR TARGETS AND UNKNOWNS

最新デザイナー (危険) ドラッグキット
— 危険ドラッグの迅速かつ正確なスクリーニング用

危険ドラッグ、または新種の向精神薬を検出、同定するためのスクリーニングは、今日の分析者にとって主要な課題です。

アジレントは、さまざまな危険ドラッグを完全に把握できるリソースの拡張に継続的に取り組んでいます。アジレントの革新的技術と最新のスクリーニングメソッドは、Agilent GC/MS と LC/MSを用いた危険ドラッグを最適な方法で分析するための重要なリソースです。

LC/MS デザイナー(危険)ドラッグライブラリ リソース

750 種類以上の潜在的な危険ドラッグと代謝物のスクリーニング
  • TOF システムまたは Q-TOF システムとアジレントの法医学/法中毒学の LC/MS アプリケーションキットを組み合わせると、危険ドラッグの存在を確実かつ包括的にスクリーニングできます。これらの技術を使うと、サンプルに関する予備知識なしで、疑わしい未知化合物を同定できます。「あらゆるデータをいつでも」取得できるため、将来的にサンプルを再分析しなくてもデータを再確認できます。
  • (9,000 種類の化合物の法医学/法中毒学の精密質量データベース、および 3,000 種類の化合物の精密質量 MS/MS スペクトルライブラリを含む) アジレントのパーソナル化合物データベース (PCD) またはパーソナル化合物データベースライブラリ (PCDL) を使った、スクリーニングメソッドの迅速な導入

無料ダウンロード: GC/MS デザイナー(危険)ドラッグライブラリ

GC/MS ソリューションの危険ドラッグキットの利用とそのメリット:
  • 300 種類以上の危険ドラッグとその代謝物を含む GC/MSD 危険ドラッグライブラリ — ChemStation と MassHunter のソフトウェアに対応
  • GC/MS/MS MRM MassHunter データベース (EI モードまたは CI モード) による、500 種類以上の危険ドラッグとその代謝物の同定
  • 危険ドラッグ一覧:
    • GC/MS を用いたハーバルインセンスブレンド中の合成カンナビノイドの同定
    • GC/MS を用いた覚醒剤の分析

オンデマンド ウェビナー

Agilent MassHunter ベースの危険ドラッグ GC/MS ライブラリによる、押収した危険ドラッグの同定

解説:
José Luiz da Costa, Ph.D., Forensic Toxicology Laboratory, Sao Paulo Police Headquarters

内容:
アジレントは、300 種類以上のドラッグとその代謝物を含む GC/MS MassHunter ベースの危険ドラッグライブラリを提供しています。この WEB セミナーでは、ブラジルのサンパウロにある Sao Paulo State Scientific Police を例に、このライブラリの利用方法を紹介しています。この事例では、実際の事件の押収ドラッグを同定する補助ツールとしてライブラリを活用しています。またこれが、新しいドラッグに関する National Health Surveillance Authority の計画にどのように役立つかについても説明しています。

本製品は一般的な実験用途での使用を想定しており、医薬品医療機器等法に基づく登録を行っておりません。 医療・診断用ではありません。

危険ドラッグ分析のワークフローを実現

アジレントの危険ドラッグ同定ワークフローを使用すると、依存性薬物を検出、同定すると同時に、すべての MS プラットフォームでデータ解析がスムーズに行えます。

AGILENT SAMPLE PREP AGILENT 7000C TRIPLE QUADRUPOLE GC/MS LC/MS FORENSIC TOXICOLOGY APPLICATION KITS MASSHUNTER WORKSTATION NEW ADVANTAGE GOLD SERVICE