Agilent 1290 Infinity II 
バイアルサンプラ

液体クロマトグラフィ注入システム

Agilent 1290 Infinity II
バイアルサンプラ

Agilent 1290 Infinity II バイアルサンプラは、最大 1300 bar の UHPLC アプリケーション向けに設計されています。
この製品によって、医薬品研究開発、品質管理、化学・環境・食品分析に必要な信頼性、安全性、使いやすさを実現できます。
この製品には、オプションで 2 個の LC カラム用一体型カラムコンパートメントを収納できます。コンパートメントは、最高 80 ℃ までの温度制御のほか、最低 4 ℃ までの安定した温度によるサンプル冷却を全て 1 つのモジュールで実現します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 幅広い柔軟な量範囲で、精密かつ正確に注入
  • 最大で 132 本のバイアル (2 mL) または 36 本のバイアル (6 mL) 容量
  • マイクロボアからセミ分取クロマトグラフィーまでの各種アプリケーションに対して最大 1500 µL の注入量を簡単に拡張可能
  • ニードルの外側を洗浄するためのニードルフラッシュポート搭載により、ルーチン作業時のキャリーオーバーを最小限に維持
  • 最長 30 cm のカラムを 2 個搭載でき、最適な分離能でクロマトグラフィーデータの再現を実現する最大 80 ℃ の加熱機能を備えた一体型カラムコンパートメントをオプションまたはアップグレードとして使用可能
  • 少ない内部容量により、システム全体の内部容量への影響を最小限に抑制 (「バイパス」モードを使用することで内部容量をさらに削減可能)
  • 生産性を高めるオーバーラップ注入
  • 高度な注入のカスタマイズと注入前のサンプル前処理用の注入プログラムが利用可能
  • ご注文の詳細

ページTOP