漢方薬

UHPLC による漢方薬の分析と
HPLC へのメソッド移管

黄芩抽出物 (ゴボウ) は漢方薬として使用され、HPLC で分析することがあります。メソッド開発の場合もサンプル分析の場合も、漢方薬の HPLC 分析には時間がかかる場合があります。2μm以下の粒子径を使用する UHPLC は、最も広く利用されている液体クロマトグラフィーであり、分離とスピードの面で従来の HPLC よりも大きく優れています。下記のアプリケーションノートでは、Agilent 1290 Infinity LC システムと Agilent ZORBAX RRHD 1.8 μm カラムを使用して、黄芩抽出物の分析用にUHPLCメソッドを最適化しました。その結果、サイクル時間が元のメソッドに比べて 15% 短縮しました。次に、UHPLCメソッドを Agilent 1200 シリーズ LC システムに移管しました。UHPLC メソッドも移管した HPLC メソッドも、元の HPLC メソッドに比べて効率性が向上しました。

アプリケーションノートを見る(英語)

 
 製品
準備 導入 分析 データ解析/ソフトウェア
Bond Elut SPE
Captiva ND
Chem Elut
7696A サンプル前処理ワークベンチ
OpenLAB ELN 電子ラボノート
 
1260 高性能オートサンプラ
7693A オートサンプラ
7697A ヘッドスペースサンプラ
 
液体クロマトグラフ
HPLC & UHPLC カラム
溶出試験器
分子分光
380-LC 蒸発光散乱検出器
LC/MS
GC/MS
ICP-MS
サービスプラン
Open LAB ラボ用 ソフトウェア製品群