創薬・薬物動態研究

アジレントの長年にわたる分析の専門知識が、未来の発見を促進する原動力となっています。1290 Infinity II シリーズ LC分析 HPLC および UHPLC カラム、6550 iFunnel Q-TOF LC/MS システムなどの分離・検出技術の革新により、アジレントでは、対象化合物のプロファイリング、同定、特性分析、定量を高い信頼性で行うことができる、優れた感度とデータ品質を提供しています。

自動化プラットフォームRapidFire/MS システムにより、リード化合物の探索や ADME などハイスループットアプリケーションが必要な研究を支援しています。アジレントの Q-TOF、およびトリプル四重極 LC/MS システムの製品群により、新薬候補の特性分析をより迅速に効率的に行うことができます。

アジレントのソリューションは、創薬プロセスを推進するために必要なデータを提供するために最適化されているため、案件の継続や中止の決定を行う際に、常に完全な自信を持って、答えを出すことができます。

 
 特集

オープンアクセス

精製とライブラリ

ハイスループットスクリーニング

ADME/PK

アジレントでは、デスクからそのまま、生産性が高く効率的な管理を行うことができる、オープンアクセスワークフローをサポートしています。 分析スカウティングから、グラムレベルでの高い回収率による精製まで、アジレントでは、ニーズに合った精製とライブラリの品質確認に必要なものすべてを提供しています。 ハイスループットスクリーニングでは、自動化システム、リキッドハンドリング、高感度検出器を使用して、化学的、遺伝子的、薬理的な試験を数百万回実施します。 アジレントの ADME/PK ソリューションは、優れた生産性とパワフルな定性/定量分析をサポートします。