Agilent 1290 Infinity II
ハイスピードポンプ

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

Agilent 1290 Infinity II
ハイスピードポンプ

製品情報

最高の精度と正確性、広いパワーレンジ、最小のディレイボリュームにより、超高速分析を実現

Agilent 1290 Infinity II ハイスピードポンプは、最高のスピードと究極のクロマトグラフィー性能により、分析効率を高められるように設計されています。内径の小さなカラムで超高速グラジエント分析を可能にする低ディレイボリュームミキサーにより、ラボの効率が最大限に高まります。新しい 1290 Infinity II LC のパワーレンジにより、最高の機器効率が保証されるため、あらゆる HPLC メソッドと UHPLC メソッドを実行することができます。ISET により、現在お使いのアジレント製システムだけでなく、他のメーカーの機器から、既存のメソッドをシームレスに移管することが可能です。さらに、アクティブダンピング、自動パージバルブ、新しい超低分散キット、最小のディレイボリュームを可能にする機能といった定評のある技術を組み合わせることより、最高の機器効率と分析効率が実現します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 流量と移動相組成の精確性が非常に高いため、究極の性能が得られます。
  • 130 MPa までの超高圧と、 5 mL/min までの高流量が組み合わさったきわめて広いパワーレンジにより、最高レベルのクロマトグラフィー性能が実現します。
  • 独自のインテリジェントシステムエミュレーション技術 (ISET) により、既存の Agilent 1100、1200、1260 Infinity シリーズ機器に加えて、Waters Alliance、Waters H-Class、Waters Acquity、島津 Prominence などの機器もエミュレーションが可能です。
  • 内径の小さなカラムで超高速グラジエント分析を実行する際のディレイボリュームがきわめて少ない (最大 10 µL) ため、LC/MSのフロントエンドLCポンプとして最適です。
  • 独立制御が可能な高分解能ポンプドライブによるアクティブダンピングと、ファームフェア埋め込み型のチューニングアルゴリズムにより、脈動と UV ノイズを大幅に低減します。
  • マルチレイヤーマイクロ流体技術をベースにした新しい Agilent Jet Weaver ミキサーにより、最高のミキシング効率と最小のディレイボリュームが実現し、最高の UV 検出器感度を提供します。
  • 内部容量の少ない一体型の高効率デガッサは、PTFE AF 技術をベースにしており、ポンプのパージおよびプライミングの際の溶媒の高速切り替えを可能にします。
  • 標準搭載のアクティブシールウォッシュ機能により、稼働時間が向上します。
  • オーダー情報はこちら
  • ソフトウエアおよびインフォマティクス

ページTOP