【NEW】Agilent 1290 Infinity IIマルチサンプラ

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

【NEW】
Agilent 1290 Infinity II
マルチサンプラ

製品情報

次世代 UHPLC オートサンプラの新たなスタンダード

Agilent 1290 Infinity II マルチサンプラは、バイアルでもマイクロタイタープレートでも簡単かつ効率的に扱うことができます。システム圧力は最高 130 MPa で、UHPLCシステムの性能を最大限に発揮させることができます。実際、このコンパクトなモジュールに最大 6144 のサンプルを収容することができ、すべてのサンプルがアジレント LC の設置面積内に収まります。これは 1 台のオートサンプラとしては最大のキャパシティです。また、各サンプルをスムーズにシステムに注入するロボティクス機能も備わっています。アジレント独自のデュアルニードルにより、わずか 5 秒というサイクル時間が実現しています。また、マルチウォッシュ機能を使うことにより、キャリーオーバーを 10 ppm 以下にまで低減させることができます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 圧倒的な柔軟性 : バイアルでもマイクロタイタープレートでも、それらが混在していても、注入するサンプルの注入方法を自由に選ぶことができます。サンプルを収容する引き出しには 3 種類の高さのものがあり、高さの違う引き出しを自由に組み合わせることで、様々な種類のサンプル容器を収納することができます。
  • 高いキャパシティ : 1290 Infinity II マルチサンプラでは、シャローウェルプレート用の引き出しを使うと最大 16 枚のマイクロタイタープレートを収納できます。最大 6144 サンプルという 1 台のシステムとしては最高のキャパシティが実現します。
  • シームレスな自動化 : サンプルの前処理や注入時には、内蔵のロボットがサンプルコンテナごと引き出し内から中央のワークスペースへスムーズに移動させます。
  • デュアルニードル注入 : 2 つの注入路を用いて交互にサンプルを注入することで、サイクル時間を5秒にまで短縮できます。大量注入でもニードル洗浄でも、従来あった待ち時間がほぼなくなります。
  • 幅広い注入量範囲 : アジレント独自のデュアルニードルにより、2 つの最適化されたインジェクタを 1 台の機器で使用することで、柔軟性がさらに高まります。たとえば、1 つの流路を大量注入用として、もう 1 つの流路を低ディレイボリューム用として使用することが可能です。
  • 超低キャリーオーバー : 1290 Infinity II マルチサンプラは標準でも低キャリーオーバー設計になっていますが、マルチウォッシュ機能を使うと、分析の合間にすべての注入部が洗浄され、注入部をさらにクリーンに保つことができます。このマルチウォッシュ機能では、3 種類の溶媒でニードルの外側を洗浄し、シートバックフラッシュにより、キャリーオーバーを 10 ppm 以下にまで低減します。
  • 効率の高い温度制御 : 温度の影響を受けやすいサンプルに対して、コンプレッサベースの新しい冷却システムによりサンプルを効率よく冷却します。このシステムを使うことにより、1290 Infinity II マルチサンプラに収納したすべてのバイアルとプレートの温度を完璧に制御することができます。
  • わかりやすいサンプルステータス : それぞれの引き出しにある LED ライトにより、ローディング状況や現在のアクティビティ、注入可能な状態かどうかなど、必要な情報がすべてわかります。
  • オーダー情報はこちら
  • ソフトウエアおよびインフォマティクス

ページTOP