Agilent 1290 Infinity II
可変波長検出器 (VWD)

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

Agilent 1290 Infinity II
可変波長検出器 (VWD)

製品情報

世界最高感度、最高速の可変波長検出器

Agilent 1290 Infinity II 可変波長検出器 (VWD) は、世界最高感度かつ最高速の可変波長検出器です。タイムプログラムが可能な波長切り替えにより、あらゆるアプリケーションに最適な感度と選択性を実現します。デュアル波長モードでは、さらに多くのサンプル情報を得られます。最小レベルの検出器ノイズ (± 1.5 µAU以下) とベースラインドリフト (1 x 10-4 AU/h以下) により、微量化合物を高い精度で定量することができます。最大 240 Hz のデータレートで高速分析を行うことにより、きわめて高い生産性が実現します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 最小レベルのベースラインノイズとドリフトにより、きわめて優れた検出下限を実現し、微量成分の確実な定量を可能にします。
  • デュアル波長機能により、1 回の分析でさらに多くのサンプル情報が得られます。
  • 最大 240 Hz のデータ取り込み速度により、超高速 LC の分離能が最大で 100 % 向上します。
  • 広い直線範囲 (上限 >2.5 AU ) により、主成分、副生成物、不純物を高い信頼性で同時に定量することが可能です。
  • 電子温度コントロール (ETC) により、室温や湿度が大きく変動する条件下でも、最高のベースライン安定性と感度を提供します。
  • 標準搭載の酸化ホルミウムフィルタを使用することにより、自動で波長確認を実行できます。
  • フローセルやランプの RFID タグにより、確実なデータトレーサビリティが実現します。
  • アーリーメンテナンスフィードバック機能 (EMF) により、ユーザーが設定する制限値とメッセージタイプを用いて、ランプ使用時間など機器の使用状況を継続的に追跡できます。
  • Agilent Lab Advisor ソフトウェアを使用した幅広い診断、エラー検出、表示が可能です。
  • ストップフロー波長スキャニングにより、波長を迅速に最適化できます。
  • オーダー情報はこちら
  • ソフトウエアおよびインフォマティクス

ページTOP