Agilent 1290 Infinity II 
蒸発光散乱検出器 (ELSD)

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

Agilent 1290 Infinity II
蒸発光散乱検出器 (ELSD)

製品情報

広いダイナミックレンジ、高再現性、高感度な蒸発光散乱検出

Agilent 1290 Infinity II 蒸発光散乱検出器 (ELSD) は、UV 吸収がないためにUV検出器が使用できない化合物の検出に最適な高感度なELSDです。ブルーレーザー光源により、どのような化合物を分析する場合にも、優れた感度を実現します。1290 Infinity II ELSD は、室温以下の操作が可能な唯一の ELSD です。そのため、他の ELSD では検出できない、熱に対して不安定な成分についても優れた検出性能が得られます。10 ℃ でも移動相を蒸発させることができるため、沸点が 30 ℃ を大きく下回る化合物でも最高の感度が実現します。PMT 技術により104というダイナミックレンジにより、微量の不純物分析にも対応します。リアルタイムのガス制御、ペルチェ冷却、幅広い拡張機能により、多くのアプリケーションで優れた感度、再現性、柔軟性が得られます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 優れた感度とスループット : 検出中においてもリアルタイムでパラメータを変更させることで高い感度を維持します。これにより、ナノグラムレベルでもすべての化合物に対して優れた感度を提供します。
  • ペルチェ冷却式のエバポレータチューブ : 10 °Cから 80 °Cまでの温度範囲により、熱に不安定な化合物の分解を防止します。
  • エバポレータチューブの迅速な加熱および冷却 : 平衡化時間を最小限に抑え、サンプルスループットを向上させます。
  • 104という広いダイナミックレンジを備えた検出技術 : 高濃度のサンプルマトリックスに含まれる低濃度の不純物分析を可能にし、時間のかかる再分析やリキャブレーション、サンプル前処理の手間を排除します。
  • リアルタイムのガス制御 : グラジエント分析においても分析全体で均質なレスポンスが得られるため、定量エラーが最小限に抑えられます。
  • コントロールおよびデータ採取システム : 多くのメーカーのプラットフォームに対応しています。
  • グラジエント分析における溶媒促進効果を排除 : リアルタイムのエバポレータガスプログラミングにより優れた定量結果を提供します。
  • 低分散、高速データレート : 高速 LC アプリケーションに理想的です。
  • 2 % 未満の優れた再現性 : 信頼性と精度の高い結果が得られます。
  • 完全な DMSO 透過性 : 早く溶出する化合物の検出に対応します。
  • オーダー情報はこちら
  • ソフトウエアおよびインフォマティクス

ページTOP