Agilent 1290 Infinity II
ダイオードアレイ検出器 (DAD)

液体クロマトグラフィ検出器

Agilent 1290 Infinity II
ダイオードアレイ検出器 (DAD)

製品情報

超高感度、超高速、高分解能 UV スペクトル検出

Agilent 1290 Infinity II ダイオードアレイ検出器 (DAD) は、Agilent Max-Light カートリッジセルをベースにしています。このセルのオプトフルイディクス (光学流体) 導波路は、セル内の分散効果による分離能の低下を防ぎながら、光透過率を 100 % 近くまで向上させています。検出器のノイズレベルが± 0.6 µAU/cm以下という革新的な 60 mm フローセルにより従来のフローセルを備えた検出器と比較して感度が 10 倍にまで向上しました。検出器の性能に影響を与える屈折率効果や熱効果をほぼ完全に排除することで、ベースラインドリフトが大幅に低減し、ピーク積分の精度と信頼性が向上しています。超高速分離が必要な場合には、最大240 Hz のサンプリングレートで多波長およびフルスペクトル検出が可能です。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 光路長が 10 mm のAgilent Max-Light 標準カートリッジセルにより、内径 2.1、3、4.6 mm カラムを使用した際の高感度化 (ノイズ: ± 3 µAU以下) とピーク分散の抑制が達成されます。
  • 1~8 nm の間で調節できるプログラム可能なスリットにより、最適な入射光条件を設定し、感度、直線性、スペクトル分解能を迅速に最適化します。
  • 240 Hz という高いサンプリングレートでの多波長、フルスペクトル検出により、高速分析にも対応します。
  • ベースラインドリフトを低減したことで、ピーク積分プロセスの信頼性と精度が向上しています。
  • フルスペクトル検出を行うことにより、スペクトルライブラリを用いた化合物の同定や、ピーク分離能の検証が超高速LCでも行うことができます。最大で 8 つの信号を同時に検出することにより、感度と選択性が向上します。
  • 広い線形範囲 (最大 2.5 AU) により、主成分、副生成物、不純物など濃度差の大きな化合物に対しても信頼性の高い同時定量が可能です。
  • 1290 Infinity II HDR DAD システムへアップグレードすることにより、従来のシステムに 30 倍の直線範囲を持たせることが可能になります。(詳細はこちら)
  • フローセルやランプの RFID タグにより、確実なデータセキュリティとトレーサビリティが実現します。
  • 次世代の電子温度コントロール (ETC) により、室温や湿度が大きく変動する条件下でも、最高のベースライン安定性と感度を提供します。
  • オーダー情報はこちら
  • ソフトウエアおよびインフォマティクス

ページTOP