5100 ICP-OES
(販売終了)

マルチ型 ICP 発光 (ICP-OES)

5100 ICP-OES
(販売終了)

Agilent 5100 シンクロナス・バーティカル・デュアルビュー (SVDV) ICP-OES は、ICP-OES業界初の機能を実現するシステムです。独自のダイクロイックスペクトルコンバイナ技術 (DSC) により、プラズマのアキシャルビューとラディアルビューを 1 回で測定できます。垂直配置トーチとガスパージ不要な高速 VistaChip II CCD 検出器の組み合わせにより、きわめて分析の難しいサンプルでも、これまでの半分のアルゴンで、これまでより 55 % も速く分析することが可能です。5100 の比類のない性能に加えて、次世代の ICP Expert ソフトウェアと DSC 技術がメソッド開発および分析を簡単にします。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • Agilent 5100 SVDV ICP-OES が搭載するダイクロイックスペクトルコンバイナ技術 (DSC) により、1 回の測定でプラズマのラディアルビューとアキシャルビューを同時に測定できるため、測定時間が短縮され、試料あたりのアルゴン消費量が減少します。
  • プラグ&プレイの垂直配置トーチにより、高マトリックスサンプルから揮発性溶媒まで、きわめて分析困難なサンプルも測定できます。シンプルなトーチローダーにより、自動的にトーチを調整してガスに接続するため、迅速に起動し、再現性の高い性能を得ることができます。
  • VistaChip II 検出器は、全波長をカバーするパージガス不要な高速 CCD 検出器です。この検出器により、ウォームアップ時間の短縮、ハイスループット、高感度、広いダイナミックレンジが実現します。
  • 冷却コーンインタフェース (CCI) により、アキシャル光路から低温のプラズマテールを排除し、干渉を最小限に抑えます。
  • ソリッドステート RF システムにより、堅牢で信頼性の高いプラズマを実現し、長期的な分析安定性を確保します。
  • インテリジェントデザインを採用しています。耐腐食性材料と、内部陽圧設計により、きわめて厳しい環境でも信頼性を確保します。
  • 世界最小の ICP-OES システムなので、貴重なベンチスペースを節約できます。電源、ガス、冷却、水、通信といったすべての接続に機器の側面からアクセスできるため、修理やメンテナンスも容易です。
  • 次世代の ICP Expert ソフトウェアは、ワークシート式のインタフェースを採用しています。使いやすいメソッド開発機能と、あらかじめ設定されたメソッドテンプレートを含むソフトウェアアプレットにより、分析時間を短縮します。
  • Agilent 5100 は、以下の 3 機種から選択できます。シンクロナス・バーティカル・デュアルビュー、バーティカル・デュアルビュー、ラディアルビュー。

ページTOP