Cary 8454 - 優れた性能、信頼性、コンプライアンスを実現する設計

Cary 8454 - 優れた性能、信頼性、コンプライアンスを実現する設計

Cary 8454

Agilent Cary 8454 を用いた優良試験所基準 (GLP) の詳細 をご確認ください。初期バリデーションと再バリデーションの両方の要件を満たすように設計されています。

究極の性能、信頼性、コンプライアンス

ダイオードアレイ式分光光度計を30年以上リードしてきたアジレントから新製品 Agilent Cary 8454 分光光度計が発売されました。高速フルスペクトル分析、堅牢性、信頼性の高い性能
など前機種の 8453 のあらゆる利点を継続した Agilent Cary 8454 分光光度計は、コンプライ
アンス対応のソフトウエア機能を備えています。
Agilent OpenLAB ECM (Enterprise Content Manager) と、統合機能を備えた最新版 ChemStation ソフトウエアは、オーディットトレイル機能を搭載しカスタマイズ可能な
ユーザープロファイルをサポートしています。

稼働時間を最大化するために、アジレントは Agilent 8453 ユーザー向けに
最新のChemStationソフトウエアへのアップグレードパスを提供しています。
現在の SOP やアクセサリを引き続き使用することができます。

Cary 8454 分光光度計を使用する利点:

  • コンプライアンス – 最新版 ChemStation ソフトウエアは、オーディットトレイル機能と、OpenLAB ECMとリンクしたカスタマイズ可能なユーザープロファイル機能を搭載
    しています。単一ワークステーション向けのコンプライアンス機能も提供しています。
  • 高速 – 1 秒未満で、紫外可視のフルスペクトルスキャンを実現。
  • 信頼性 – 信頼性と堅牢性の高いこの機器には、測定結果に影響を与える可動部品が
    使われていません。そのため、機器の稼働時間が向上し、再バリデーションの費用を
    削減できます。
shadow

優良試験所基準 (GLP)
 

優良試験所基準 (GLP)
資料ダウンロードはこちら

新しい Cary 8454 は、USP や EP/BPなどの
薬局方ガイドラインで定められた性能要件を
すべて満たすように設計されています。
詳細をご確認ください。

 

Cary 8454 分光光度計
e-セミナー

Agilent Cary 8454 UV-Vis e-セミナー
e-セミナー視聴はこちら

Cary 8454 分光光度計の詳細をご確認ください。※ e-セミナーは英語ですが、録音版ですので、ご都合に合わせてご視聴いただけます。

  • 最新デザイン
  • 定評のあるダイオードアレイ技術により、ワークフローおよび生産性における利点を提供
  • コンプライアンス対応ソリューションを
    トータルで提供
 

Cary 8454 分光光度計
詳細資料

Agilent Cary 8454 UV-Vis 詳細資料
資料請求はこちら

新しいシステム性能と仕様の詳細をご確認ください。アプリケーションノートでは、紫外可視ダイオードアレイ技術により得られる、分析
およびバリデーション要件上の利点を紹介しています。資料は英語です。

shadow shadow