1200 Infinity シリーズ
Quick-Change バルブ

分析機器用 部品と消耗品

1200 Infinity シリーズ
Quick-Change バルブ

柔軟性の高い自動化を実現

アジレントは、LC分析の可能性を広げる多彩なバルブソリューションを有しています。分析の生産性を高めたい、メソッド開発を短時間で行いたい、サンプル前処理を自動化したい、新たなアプリケーションにしたい、という要望に応えます。

Agilent 1200 Infinity シリーズ Quick-Change バルブを使うことにより、カラム切り替えや溶媒切り替え、カラム再平衡化、サンプルの精製や濃縮といった幅広いアプリケーションを自動化することができます。個別のバルブへッドとドライブを備えたユニークな設計により、個別のアプリケーション要件に合ったフレキシブルな組み合わせを選べます。

外付けの Agilent 1290 Infinity バルブドライブか、バルブ搭載のモジュールのいずれかでも選択できます。バルブ搭載モジュールには、Agilent 1290 Infinity カラムコンパートメント (1 バルブ) と Agilent 1290 Infinity フレキシブルキューブ (最大 2 バルブ) があります。

 

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • メソッド開発におけるカラムや溶媒の切り替えの自動化ができます。
  • サンプル前処理の自動機能 (濃縮と精製) を利用できます。詳細
  • カラム再平衡化を交互におこなうことで、サンプルスループットを向上できます。詳細
  • 高圧および超高圧 (600 bar および 1200 bar) に対応するステンレス製のほか、バイオクロマトグラフィアプリケーションに対応するバイオイナートフローパス材質もご用意しています。ご注文の詳細。
  • バルブの設置場所にかかわらず、ユーザー自身で Quick-Change バルブヘッドおよびキャピラリコネクションを簡単に交換できます。
  • LC メソッド開発用の 1290 Infinity 2D-LC ソリューションおよび 1200 Infinity シリーズメソッド開発ソリューションなど、専用ソフトウェアを搭載した自動化バルブソリューションをご用意しています。OpenLAB CDS、MassHunter などのアジレント製ソフトウェアでフルコントロールできます。さらに、Agilent 機器コントロールフレームワークを使えば、サードパーティ製のソフトウェアでもコントロール可能です。

ページTOP