Agilent 8800 シリーズ
トリプル四重極 ICP-MS

ICP-MS

Agilent 8800 シリーズ
トリプル四重極 ICP-MS

驚くほど優れた結果

Agilent 8800 シリーズトリプル四重極 ICP-MS は世界初の ICP トリプル四重極 (ICP-QQQ) で、これまでは到達不可能だったアプリケーションを実現する比類のない装置です。定評のある Agilent 7700 シリーズ ICP-MS の機能に加えて、比類のない性能、優れた感度、低いバックグラウンドという特長を兼ね備えています。優れた性能と、幅広い強力な独自動作モードの柔軟性により、困難なアプリケーションも高い性能を実現します。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 比類のない性能 – 高い感度と低いバックグラウンドにより、従来の四重極 ICP-MS よりもさらに優れた性能を実現します。
  • 信頼性の高い分析結果 – 8800 ICP-QQQ 独自の構成により、優れた MS/MSモードでの 分析を実現し、ORS3 コリジョン/リアクションセル (CRC) での反応プロセスの正確な制御を可能にします。MS/MS モードでは、セルに入るイオンが制御されるので、複雑なサンプルなどでも、信頼性の高い一貫した分析結果が得られます。
  • 最高の柔軟性 – 8800 ICP-QQQ は、半導体関連材料、半導体関連試薬、先端材料、レアアース、金属や冶金はもとより、クリニカルおよびライフサイエンスにいたるまで、さまざまな研究はもとよりルーチン分析においても、シングル四重極 ICP-MS 以上に干渉を防ぐことが実現できアプリケーションの性能を向上させます。

ページTOP