4100 MP-AES : 製品概要

 
 

可燃性の高価なガスにさよならを。
新しい Agilent 4100 MP-AES が登場


Agilent 4100 マイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置は、過去数十年で
もっとも重要な技術革新を体現しています。このシステムは、空気を使用して
動作します。つまり、可燃性の高価なガスを使用せずに、無人の複数元素
分析を実施できるということです。でも、それだけではありません。
Agilent 4100 MP-AES は、以下のような特長を備えています。

 

 

  • 強力な性能 - 磁気励起式のマイクロ波プラズマにより、フレーム原子吸光を大幅に上回る
    サブ ppb レベルの検出下限を実現します。

  • 簡単な設定 - アプリケーションに特化したソフトウェアアプレットと、簡単に装着できるハードウェアにより、
    メソッドの開発や調節をおこなわずに、すばやく設定できます。最低限のトレーニングで使用できます。

  • 確かな信頼性 – 地球化学、食品試験、農業、エネルギー、燃料、環境といった幅広い業界に対応する、
    堅牢性の高いシステムです。遠隔地での使用にも最適です。

  • 優れた安全性 - 可燃性の酸化ガスが不要なうえ、複数のガスをラボに引きこんだり、ガスシリンダーを
    手動で運んだり処理したりする必要もありません。

 

空気で作動する原子分光分析

優れた検出下限。高い生産性。低い所有コスト。この革新技術は、カテゴリーを再定義するだけにとどまらず、
新たなカテゴリーをつくりだすものです。 Agilent 4100 MP-AES の詳細については、こちらのビデオをご覧ください。