Access Agilent 表1

表 1 の拡大図

 

カラム Agilent J&W DB-35ms UI、30 m x 0.25 mm x 0.25 µm (部品番号 122-3832UI)
GC/MSD Agilent 7890/5975C
サンプラ Agilent 7683B、5.0 µL シリンジ (部品番号 5181 - 1273)
CFT デバイス パージ付き 2 ウェイスプリッタ (部品番号 G3180B)、スプリット比 1:1 MSD:FPD
MSD リストリクタ 1.43 m x 0.18 mm ID、不活性処理済みフューズドシリカチューブ (部品番号 160-2615-10)
FPD リストリクタ 0.53 m x 0.18 mm ID、不活性処理済みフューズドシリカチューブ (部品番号 160-2615-10)
Aux EPC 3.8 psi 定圧
注入口 1 µL スプリットレス、250 ℃、パージフロー 60 mL/min (0.25 分間)、ガスセーバーをオン 20 mL/min (2 分間)
キャリアガス ヘリウム、定圧 28.85 psi (95 ℃)
オーブン温度 95 ℃ (0.5 分間)、25 ℃/min で 95 ℃~150 ℃、10 ℃/min で 150 ℃~210 ℃ (0.5 分間)、20 ℃/min で210 ℃~290 ℃ (4.5 分間)
ポストランバックフラッシュ 290 ℃ で 7.5 分間、バックフラッシュ中の補助 EPC 圧 54 psi、バックフラッシュ中の注入口圧力 2 psi
MSD トランスファーライン 300 ℃、イオン源 300 ℃、四重極 150 ℃
FPD 230 ℃、水素 75 mL/min、空気 100 mL/min、キャリアガス + メークアップガス (N2) 60 mL/min
有機リン系農薬スパイク溶液 1 および 5 µg/mL のアセトン溶液
リン酸トリフェニルサロゲート標準 1、15、100 µg/mL のトルエン溶液
グロノラクトン 最小限の H2O と ACN で 50 mg/mL に