ZORBAX RRHD 300SB 1.8 μm カラム

LC と LC/MS カラム

ZORBAX RRHD
300SB 1.8 μm カラム

UHPLC によるタンパク質およびペプチド分離に最適な RRHD カラム

Agilent ZORBAX Rapid Resolution High Definition (RRHD) 300SB-C18 カラムは、タンパク質の一次構造分析でタンパク質の同一性の確認や翻訳後修飾分析の定量を行うのに最適です。このカラムを使用すれば、生物学的タンパク質の発見、開発および生成のアプリケーションで不純物プロファイルを得ることができます。

この新しいワイドポア (300Å) RRHD カラムは、インタクトプロテインやタンパク質消化物のUHPLC 逆相分析が可能です。アジレントの 3.5 µm および 5 µm 300Å カラムと同じ StableBond(SB) ケミストリを使用する、この新しい C18、C8、C3、Diphenylカラムは、タンパク質のアプリケーションでの高速分析と、異なる選択性を提供します。

仕様および価格表

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • C3 および C8 相は、タンパク質分析において分離と回収率の改善を提供
  • ユニークな Diphenyl 相は異なる選択性を提供
  • StableBondテクノロジーは、カラムの寿命を縮めることなく、トリフルオロ酢酸またはギ酸の移動相修飾剤を使ったタンパク質やペプチドの分離で低 pH での安定性と対称的なピークを提供し、UV および MS 検出において優れたベースライン安定性を実現します。
  • 翻訳後修飾の分析で優れた分離能と安定した定量を可能にする高い効率を発揮します。
  • 1200 bar まで使用可能なことから、タンパク質分析においてUHPLC 性能を得ることができます。

ページTOP

分野別ソリューション

ページTOP