Agilent 7700e ICP-MS
 (販売終了)

ICP-MS

Agilent 7700e ICP-MS
(販売終了)

ルーチン分析用の能率的な ICP-MS

Agilent 7700e ICP-MS は、7700 シリーズに仲間入りした新モデルです。シンプルなユーザーインターフェースと能率化されたハードウェア構成を備えた 7700e は、高度な自動化が求められるさまざまなルーチン分析に適した装置です。使いやすい設計で、ヘリウム (He) セルガスラインを備えた ORS3 と、新しい MassHunter ソフトウェアの 「コア」 機能を搭載しています。ICP-MS を使い始めたばかりのオペレーターでも、環境などのプリセットメソッドや、ヘルプなどの機能を使えば、信頼性の高い一貫した結果をすぐに得ることができます。7700x などの構成にアップグレード可能なため、将来のラボの要件の変化に応じて、より高度なアプリケーションに対応することもできます。
7700 シリーズの 360° アニメーション図解 

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 効果的な干渉除去 : 第 3 世代のオクタポールリアクションシステム (ORS3) により、He モード使用時のスペクトル干渉をこれまでになく効果的に除去します。
  • 信頼性の高い結果 : He モードは、未知マトリックスサンプルの分析におけるもっとも信頼性の高いセルメソッドとして確立されています。未知サンプルマトリックスでも、多原子干渉を除去することができます。
  • 優れた検出下限 : 革新的な新しいイオンレンズにより、広い質量範囲で優れた感度を実現すると同時に、ランダムバックグラウンドを低減します。
  • トレーニングコストを減らし、生産性を高めるユーザーフレンドリな新機能 : ワンクリックプラズマ設定とエキスパートオートチューニングにより、シンプルで再現性の高い最適化が可能です。
  • 新しい MassHunter ソフトウェアのコアプラットフォームによる高度なデータ解析およびレポート作成
  • アジレントのプリセットメソッド : プラズマ条件が最適化された、アプリケーションに特化した汎用的なメソッドにより、US EPA 200.8、飲料水、US EPA 6020、廃棄物、土壌分析、食品、生物学サンプルなどで、0.2 % までの TDS (総溶解固形分) を含むサンプルなどに対応します。
  • 7700x および 7700s 構成への完全なアップグレードが可能

ページTOP