仕様 - Agilent 1260 Infinity バイオイナートクォータナリ LC システム

Agilent 1260 Infinity バイオイナートクォータナリ LC システムのモジュールの性能仕様:

Agilent 1260 Infinity バイオイナートクォータナリポンプ (G5611A)

タイプ 仕様
送液システム アジレント独自のサーボ制御による可変ストロークドライブ、フローティングプランジャ、アクティブインレットバルブ、一体型の 4 チャネルデガッサユニットを備えたデュアルプランジャ直列ポンプ
設定可能な流量範囲 0.001 ~ 10 mL/分 (0.001 mL/分単位)
推奨するカラム流量範囲 0.2 ~ 10.0 mL/分
流量精度 <0.07% RSD または <0.02 分 SD のいずれか大きい方 (一定の室温におけるリテンションタイムに基づく)
流量確度 ± 1% または 10 µL/分のいずれか大きい方
圧力 動作範囲 0 ~ 60 MPa (0 ~ 600 bar、0 ~ 8700 psi) 最大 5 mL/分
動作範囲0 ~ 20 MPa (0 ~ 200 bar、0 ~ 2950 psi) 最大 10 mL/分
圧力脈動 1 mL/分のイソプロパノール、> 1 MPa (10 bar) のすべての圧力においての脈動 < 2 % (典型値 < 1.3 %)
圧縮率補正 移動相の圧縮率に基づいてユーザーが選択可能
推奨 pH 範囲 1.0 ~ 13 (短時間の場合は 14)
グラジエント組成 アジレント独自の高速比率バルブを使用した低圧クォータナリ混合/グラジエント機能
ディレイボリューム 600 ~ 800 μL、バックプレッシャーに依存
組成範囲 0 ~ 95% または 5 ~ 100%、ユーザーが選択可能
組成精度 < 0.2 および 1 mL/分において 0.2% RSD
制御とデータ解析 アジレントの制御ソフトウェア (ChemStation、EZChrom、OL など)
通信 コントローラエリアネットワーク (CAN)、GPIB、RS-232C、APG リモート:レディ、スタート、ストップ、およびシャットダウン信号、LAN (オプション)
液体と接する部分の材質 チタン、金、白金イリジウム、サファイア、PEEK、PEKK、PTFE
アクティブシールウォッシュ 含まれる

Agilent 1260 Infinity バイオイナートオートサンプラ (G5667A)

タイプ 仕様
GLP の機能 アーリーメンテナンスフィードバック (EMF) 機能、メンテナンスとエラーの電子的な記録
通信 コントローラエリアネットワーク (CAN)。RS232C、APG リモート (標準)、オプションで4 つの外部コンタクトクロージャおよび BCD バイアル番号出力
安全性機能 リーク検出および安全なリーク処理、メンテナンスエリアは低電圧、エラーの検出および表示
注入範囲 0.1 ~ 100 μL (0.1 μL 単位)。注入量リデュースドキット使用時に最大 40 μL (ハードウェアの変更が必要)。複数回の吸引で最大 1500 μL (ハードウェアの変更が必要)
注入精度 典型値 < 0.25% RSD (5 ~ 100 μL)
典型値 < 0.5% RSD (2 ~ 5 μL)
典型値 < 0.7% RSD (1 ~ 2 μL)
ベンジルアルコールを注入して測定
圧力範囲 最大 600 bar (8700 psi)
サンプル粘度範囲 0.2 ~ 5 cp
サンプル容量 2 x ウェルプレート (MTP) + 10 × 2 mL バイアル、108 x 2 mL バイアル (2 x 54 バイアルプレート) + 10 x 2 mL バイアル
30 x 6 mL バイアル (2 x 15 バイアルプレート) + 10 x 2 mL バイアル
54 x エッペンドルフチューブ (0.5/1.5/2.0 mL) (2 x 27 エッペンドルフチューブプレート)
注入サイクル時間 典型値 < 17 秒 (次の標準条件の使用時)
デフォルトの吸引速度: 100 µL/分
デフォルトの排出速度: 100 µL/分
注入量: 5 µL
キャリーオーバー

典型値 < 0.004% (次の条件の使用時)
カラム: Agilent ZORBAX SB-C18、21 x 50 mm、1.8 μm
移動相:A: H2O + 0.05 % TFA、B: ACN+ 0.045 TFA
グラジエント:0.1 min 10% B、3.1 min 90% B、3.2 min 90 % B、3.21 min 10 % B、4.5 min stop
流量:0.5 mL/min
温度:25 ℃
波長:257 nm
サンプル:1200 ng/µL クロルヘキシジン (0.1% の TFA が含まれる H2O で溶解)、1 µL を注入し、 Agilent 6410 QQQ と Agilent DAD (G1315C) の両方で測定
洗浄溶媒:H2O + 0.1% TFA (5 秒)

pH 範囲 1 ~ 13 (短時間の場合は 14)
サンプルフローパスに使用する材質
ニードルシート PEEK
ニードル セラミック
サンプルループ 金属クラッディング (外側) PEEK (内側)
注入バルブ PEEK、セラミック、FFKM
その他 PPSO2、PTFE
サンプルの冷却 オプションの G1330B 使用時 4 ~ 40 ℃

バイオイナート LC用 キャピラリ、コネクタ、検出器フローセル、溶媒加熱エレメントおよびバルブ

キャピラリおよびコネクタ (システム全体)
材質 (フローパス) 金属クラッディング (外側) PEEK、PTFE (内側表面)
pH 範囲 1 ~ 13 (短時間の場合は 14)
最大圧力 600 bar
DAD /MWD フローセル G5615-60022 (G1315 C/D および G1365 C 用)
材質 (フローパス) PEEK、サファイアウィンドウ
pH 範囲 1 ~ 13 (短時間の場合は 14)
ダイオードアレイ検出器 G4212A (バイオイナートフローセル、10 mm G4212-60008 または 60 mm G4212-60007 高感度フローセルを使用)
材質 (フローパス) PEEK、ヒューズドシリカ
pH 範囲 1-12
蛍光検出器 G1321B (バイオイナートフローセル G5621-60005 を使用)
材質 (フローパス) PEEK、ヒューズドシリカ
pH 範囲 1-12
バイオイナート加熱エレメント G5616-60050 (9 µL) (G1316C および G1316A 用)
材質 (フローパス) PEEK
pH 範囲 1 ~ 13 (短時間の場合は 14)
G1170A のスタンドアロンバイオイナートバルブ

汎用アクチュエータ

  • 8/9 溶媒選択 5067-4133
  • 2 ポジション/6 ポート 5067-4148
  • 2 ポジション/10 ポート 5067-4132
  • 6 カラム選択 5067-4143

 

PEEK/セラミック、最大 600 bar
PEEK/セラミック、最大 600 bar

PEEK/セラミック、最大 600 bar

PEEK/セラミック、最大 600 bar

Agilent 1260 Infinityアナリティカルスケール バイオイナートフラクションコレクタ (G5664A)

タイプ 仕様
ディレイボリューム 約 50 μL
最大システム流量 10 mL/分
フラクション容器
  • 最大高さ 48 mm のシャローウェルプレートまたはディープウェルプレート
    (96 または 384 形式)
  • 最大高さ 48 mm の試験管
  • オートサンプラバイアル (2 mL および 6 mL)
  • エッペンドルフ安全ロック付きチューブ (0.5 mL、1.5 mL、2.5 mL)
フラクショントレイ

フルトレイ (フラクションコレクタ全体に対応)

  • 4 ウェルプレート
  • 40 x 20 mL 試験管 (外径 30 mm、高さ 48 mm)
  • 60 x 15 mL試験管 (外径 25 mm、高さ 48 mm)
  • 126 x 8 mL試験管 (外径 16 mm、高さ 48 mm)
  • 215 x 5 mL試験管 (外径 12 mm、高さ 48 mm)
  • 2 枚のウェルプレート + 10 x 2 mL バイアル (+ 1 つのハーフトレイを追加可能)
  • 100 x 2 mL バイアル (+ 1 つのハーフトレイを追加可能)

ハーフトレイ (フラクションコレクタあたり最大で 3 つ)

  • 15 x 6 mL バイアル
  • 40 x 2 mL バイアル

ウェルプレートトレイ用チューブプレート
(ウェルプレートトレイに応じて、フラクションコレクタごとに 2 または 4 枚)

  • エッペンドルフ安全ロック付きチューブ (27 x 0.5 mL、1.5 mL、または 2.5 mL)
  • 24 x試験管 (外径 18 mm )
  • 54 x 2 mL バイアル
  • 15 x 6 mL バイアル
冷却 オプション
トリガモード タイムスライスおよびピーク (しきい値、アップ/ダウンスロープ、しきい値上限、タイムテーブル)、さまざまな検出器信号のブール論理(AND,OR)、各種モードの組み合わせ、マニュアルトリガ (Agilent 1200 シリーズインスタントプロットでサポート)
トリガソース Agilent 1200 Infinity シリーズ VWD、MWD および DAD 検出器、Agilent 6100 シリーズ四重極 LC/MS、ELSD、FLD、RID、サードパーティ製検出器 (UIB が必要)
ダイバータバルブ 3/2 バルブ、切り替え時間 < 100 ms
最大圧力 6 bar
使用環境 4 ~ 55 ℃ の一定温度、湿度 < 95% (結露なし)
液体と接する部分 PEEK、セラミック、PTFE

Agilent 1260 Infinity バイオイナートマニュアルインジェクタ (G5628A)

タイプ 仕様
注入バルブ 7 ポート、長寿命タイプ
ループ 20 µL (標準)
5 µL ~ 5 mL (オプション)
液体と接する部分 PEEK、PTFE、セラミック