【NEW】 Agilent 1260 Infinity 分析スケールフラクションコレクタ

【NEW】 Agilent 1260 Infinity 分析スケールフラクションコレクタ

マイクログラムからミリグラム単位のフラクションコレクション  

Agilent 1260 Infinity 分析スケールフラクションコレクタは、100 µL/min~ 10 mL/minの流量範囲で最適化されたフラクションコレクションが行えます。 Agilent 1260 Infinity シリーズの任意のポンプ、インジェクタ、検出器と自由に組み合わせることができ、分析 LC システムにフラクションコレクションを行うための理想的なシステム構成が簡単に実現できます。流量が少なく、カラム内径が小さい場合は、ピーク拡散を抑え、高い回収率でフラクションを行うための低拡散チューブキットが利用できます。100 mL/minまでの流量に対応できるよう、セミ分取バージョンにアップグレードすることが可能です。特殊なファネルトレイにより、ユーザーの希望する耐容量の容器等への大容量フラクションコレクション等が可能となります。ペルチェ冷却機能を搭載した Agilent 1260 Infinity サーモスタットによりが、熱に不安定な化学物質や生体サンプルを安定してフラクションすることができます。 

オーダー情報はこちら
お問合せはこちら
お見積りはこちら

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • ディレイボリュームを極力小さくし、チューブを最適化することで、ピーク拡散とフラクション間のキャリーオーバーを最小化します。 詳細はこちら
  • 標準搭載のディレイセンサによって正確なディレイボリュームを自動的に計算でき、高精度なフラクションコレクションを容易に実現できます。 詳細はこちら
  • さまざまコレクション方式が搭載されており、複数の注入のフラクションのプーリングも可能です。 詳細はこちら
  • 時間、ピーク、質量に基づくフラクションを使用する複数のコレクションモードにより、必要とするフラクションだけを正確にコレクションすることができます。 詳細はこちら
  • ウェルプレート、エッペンドルフチューブ、バイアル、さまざまな高さ/内径の試験管にフラクションするための多彩なトレイを容易しています。多彩なフラクション容器に柔軟に対応可能です。 詳細はこちら
  • UIB( Universal Interface Box) により、Agilent 1260 Infinity 蒸発光散乱、蛍光、および示差屈折率検出器、また他社検出器を使用したピークトリガ式のフラクションコレクションが可能です。
  • CAN ネットワークを使用したインテリジェントなシステムがデータをリアルタイムで処理するため、迅速かつ高精度のフラクションコレクションが可能になります。
  • Early maintenance feedback(EMF)、電子形式の機器ログブック、IQ、OQ/PV、また 21 CFR Part 11 準拠のソフトウェアソリューションなどの GLP 機能が、品質および規制標準への準拠に役立ちます。
  • 強制排気により、ドラフトチャンバー外部でもフラクションコレクタの使用が可能です。

ページTOP