自動メソッド開発/マルチメソッドソリューション

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

自動メソッド開発/マルチメソッド
ソリューション

さまざまなカラム、溶媒、温度、pH をテストして LC メソッドを開発する必要がありますか?メソッド開発プロセスをスピードアップさせる必要がありますか? そのために、堅牢で使いやすい自動アプローチが必要ですか?Agilent 1200 Infinity シリーズメソッド開発ソリューションは、1000 セットを超える LC 分離条件を自動的に利用できるように設計された、すぐに使えるソリューションです。さまざまな組み合わせの固定相と溶媒を簡単に用いて、アプリケーションに最適な分離条件を決定することができます。

代表的な用途はこちら

アプリケーションファインダーで関連アプリケーションノートおよび技術概要を見る

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • Agilent 1200 Infinity 技術をベースにしており、1200 bar (120 MPa) までの圧力に対応
  • 最大 26 種類の溶媒と 8 種類のカラムの自動切り替えが可能
  • カラムコンパートメントの最大 6 つの温度ゾーンに対応
  • 1000 セットを超える分離条件を利用可能
  • ソフトウェアを含む完全なワンベンダーソリューションとして提供 – Agilent メソッドスカウティングウィザードにより、スクリーニングの設定が容易に
  • アジレントのパートナーソリューションを用いたメソッド開発の自動最適化が可能: ChromSword、S-Matrix
  • ニーズや予算に応じて、フレキシブルに LC モジュールを統合
  • 6100 シリーズシングル四重極 LC/MS1290 Infinity 蒸発光散乱検出器などのさまざまな検出器に接続でき、あらゆる化合物に対応

ページTOP