Agilent 1260 Infinity 
分取精製システム
分取スケール

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

Agilent 1260 Infinity
分取精製システム
分取スケール

ミリグラムからグラム単位の物質を精製 

Agilent 1260 Infinity 分取精製システム 分取スケールは、ラボスケールの精製において 100 mL/分までの高流量に対応します。こ精製用にミリグラムからグラム単位の物質精製に最適なシステムです。また、このシステムがカバーする流量範囲は内径 9.4 ~ 50 mm のカラムに理想的です。コンビナトリアルケミストリや医薬品化学で求められる自動でのハイスループット向上や、個々の化合物の分離や回収率を最適化するためのメソッド拡張ソリューションを実現します。分析スケールで分離検討後、同じシステムを用いて分取スケールにスケールアップすることもできます。 

オーダー情報はこちら

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 最大背圧 400 bar の堅牢なデュアルピストン分取ポンプ設計です。アイソクラティックとグラジエントシステムのラインアップが揃っています。
  • Early maintenance feedback (EMF)、プーリング、リカバリーフラクション、リーク検出などの機能を備えています。
  • 分取スケールのマニュアルインジェクタとオートサンプラの選択により、非常に高速な注入サイクルと大量の注入を同時に実現できます。
  • 最適な回収率を実現するフラクションディレイセンサ(特許取得済み)を備えたフラクションコレクタには、多様なコレクション容器に対応する交換可能なトレイを搭載可能です。
  • 容量を拡張することで、最大で 3 つのフラクションコレクタを1台のLCシステムで接続可能です。
  • 検出セルを選択できる UV 検出により幅広いダイナミックレンジをカバーします。
  • UIB(ユニバーサルインターフェースボックス) により、Agilent 1260 Infinity 蒸発光散乱検出器や他社検出器によるピークベースフラクションコレクションが可能です。
  • 高確度のアクティブフロースプリッティングを備えた正確なマスベースフラクションコレクションが可能です。
  • 時間、ピーク、質量に基づくフラクショントリガについてはユーザー定義の組み合わせが可能です。

ページTOP