Agilent 1260 Infinity 
バイオイナートクォータナリ LC

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

Agilent 1260 Infinity
バイオイナートクォータナリ LC

限りなく優れた生体分子分析のために 

Agilent 1260 Infinity バイオイナートクォータナリ LC システムは、生体高分子分析のための専用ソリューションです。金属を含まない新コンポーネントをサンプルフローパスに使用し、溶媒送液ユニットにおいては鉄やステンレス・スチールを用いない設計によって、生体分子の完全性が保証されます。表面における不要な反応が最小限に抑えられ、カラムの寿命が長くなります。このシステムは、厳しい溶媒または pH 条件下での分析に理想的です。従来の低圧バイオ精製カラムから、高圧STM 分析バイオカラムまで、広い圧力範囲でのカラムを備えています。SEC および IEX 向けの新しい Bio-HPLC カラム製品群と 10 倍の高感度化により、タンパク質や NBE (New Biological Entities) の解析に適した最高の分離能/分析時間を達成します。

お見積りはこちらお問合せはこちらプロモーション

特長

  • サンプルと接触する表面には金属を一切使用していません。
  • 溶媒送液ユニット内の移動相の液体と接する部分には鉄やステンレス・スチールを使用していません。
  • 低圧から高圧までのカラムに対応します (0 ~ 600 bar)。
  • 10 倍の感度を提供します。
  • 耐塩性が高く (2M)、広い pH 範囲 (1 ~ 13、短時間の場合は 14) を備えています。
  • アクティブシール洗浄機能が含まれます。
  • クォータナリ溶媒混合機能を提供します。
  • 不活性のフラクションコレクションにより、最大で 10 mL/分の分析およびセミ分取が可能です。
  • UV および蛍光検出に対応する不活性のフローセルを採用しています。
  • 溶媒およびカラム選択バルブは不活性です。
  • キャピラリと接続部分に革新的な設計を採用しています。(技術的な詳細)
  • バイオセラピューティックの解析に適しています。(アプリケーションの例)
  • SEC、IEX、逆相、およびペプチドマッピング向けに Bio-HPLC カラム製品を幅広く用意しています。
  • Buffer Advisor ソフトウェア – イオン交換クロマトグラフィーで便利な移動相自動調製ツール
  • ご注文の詳細

ページTOP