半揮発性化合物用 GC/MS アナライザ

GC/MS システム

半揮発性化合物用 GC/MS アナライザ

半揮発性化合物用アナライザによるサンプル処理の効率化

Agilent 半揮発性化合物用 GC/MSアナライザは、最新の GC/MS テクノロジを利用して、ラボの生産性を向上し、安定した高品質のデータを据え付けたその日から測定できます。Agilent キャピラリ・フロー・テクノロジーは、高沸点成分をバックフラッシュすることにより、分析時間を短縮し、メンテナンス頻度を低減します。マルチモード注入口により、標準のスプリット/スプリットレス注入口よりも検出下限が低くなります。デコンボリューションレポート作成ソフトウェアは、EPA メソッド 525 および 8270 の 分析対象338成分を含み、DRS ライブラリと連動して、高速で信頼性の高い対象化合物のスクリーニングを可能にします。これは高マトリックスのサンプル分析に特に効果的です。

お問合せ先はこちら
お見積もりはこちら

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • 工場で組み上げられ、テスト済みの半揮発性化合物分析用 GC/MS アナライザは、機器とアプリケーションの最適なパフォーマンスを保証します。
  • 分析に必要な GC カラム、消耗品はあらかじめパッケージ化され、それらを購入する時間と費用を浪費しなくてすみます。
  • メソッドとデータファイル、技術資料、およびクイックスタートガイドが収録された DVD により、分析をすぐに開始できます。
  • オンサイトで当該メソッドを使ってチェックアウトするので、機器とアプリケーションの準備ができていることを確認できます。
  • アプリケーションに焦点を当てたビデオツールにより、円滑に操作をスタートでき、高度な機能を簡単に学習できます。
  • 分析メソッドでは、次のテクノロジが使用されます : キャピラリ・フロー・テクノロジーを用いたバックフラッシュ、マルチモード注入口、リテンションタイムロッキング、デコンボリューションレポート作成ソフトウェア、MSD 検出、338 個の化合物のセミボラタイルライブラリ。

ページTOP