Agilent Prep カラム仕様

Agilent Prep 21.2 mm ID カラムは、アジレントの分取カートリッジハードウェアとともに使用します。この信頼性の高いカートリッジハードウェアにより、長さの異なるカラムの使用が容易になり、サンプルロード量が増加します。これらのカラムには、ガードカラムを容易に組み込むことができます。これにより、分析カラムの保護することが可能です。分析サイズの内径 4.6 mm カラムは、大型カラムにスケールアップする前のメソッドの開発および最適化に利用できます。

Agilent Prep カラムは、非極性化合物から極性化合物までの幅広い精製に適した C18 結合相を利用できます。非結合シリカカラムも利用できます。また、シリカおよび C18 結合相のいずれについても、バルク充てん剤を用意しています。

Agilent Prep カラム仕様

結合相
ポアサイズ
表面積
温度範囲
pH 範囲
エンドキャップ処理
炭素含有量
C18
100Å

400㎡/g

60℃*
2 - 10
あり
24%
シリカ
100Å
400㎡/g
**
1 - 8
適用外
適用外

*温度範囲は pH 8 までで 60 ℃、pH 8~10 で 40 ℃ です。
**シリカの温度範囲は移動相の温度によって決まります。

PrepHT カートリッジカラムは、すべてのカラムでハードウェアキット (820400-901) が必要となります。内径 21.2 mm カラム用のガードカラムを使用するには、PrepHT ガードハードウェアキット (820444-901) も必要となります。内径 30 mm カラムのガードカラムには、外部ガードカラムハードウェアキット (420420-901) が必要です。

Agilent Prep カラムのページへ戻る