DB-EUPAH GC カラム

ガスクロマトグラフ

DB-EUPAH GC カラム

EU 規制対象のPAH分析に対応するアプリケーションカラム

多環芳香族炭化水素 (PAH) は、縮合芳香環を持つ化学物質で、おもに有機物の不完全燃焼時に発生します。EU では、遺伝毒性および発癌性を持つ 16 種類の PAH のモニタリングを推奨しています。Agilent J&W DB-EUPAH キャピラリ GC カラムは、EU 規制対象となっている PAH の分析で最高の性能が得られるように設計され、アプリケーションに合わせて最適化および出荷テストが実施されています。 詳細

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • EU 規制対象の PAH 分析に対応する設計
  • アプリケーションに特化した QC テストプローブ混合物により個別にテスト
  • ベンゾ (b、j、k) フルオランテンなどの重要な異性体で優れた分離能を発揮
  • ジペンゾピレンなどの高沸点 PAH の正確な分析を可能にする優れた熱安定性
  • 優れたシグナル/ノイズ比
  • 優れた性能が得られる最適なカラム寸法

ページTOP