Agilent J&W GC カラム - 再現性

 
     
「信頼できるカラムであれば、1 回の分析で正しい結果が得られ、再分析の回数が減る……」

質量分析にきわめて高い感度が求められる分析を行う場合、難問にうまく対処するために、カラム技術により分析を最適化する必要があります。微量化合物や活性の高い化合物が頻繁に扱われる環境分析では、微量化合物を確実に検出し、ピーク形状を向上できる方法が求められる傾向があります。

高温でも低いカラムブリードを維持できる Agilent J&W 「MS」カラムは、簡単な分析から分析困難なものまで、幅広い種類のサンプルについて、最高のカラム間再現性、最高のカラム性能を実現できるように設計および製造されています。

Agilent J&W GC/MS カラムの特長は以下のとおりです。

 
  • 最高かつ極めて一貫性の高いカラム不活性さにより、分析対象物の検出能力が向上します。不活性とさは?

  • 活性の高い化合物のピークテーリングを最小限に抑えます。

  • 低いカラムブリードを維持し、化合物吸着を最小限に抑えることで、定量の精度を高めます。低いカラムブリード」とは?

  • カラムが長寿命です。

選択性を変えずにカラムの不活性さを高めたい場合は、Agilent J&W ウルトライナートカラムが最適です。

Agilent J&W ウルトライナートカラムは、カラムにとって「最悪のシナリオ」と言えるUber One テストプローブを用いて個別にテストされています。Uber One テストプローブに含まれる化合物は、低分子量かつ低沸点で、活性官能基の立体遮蔽がありません。そのため、テスト分子のプローブ部がカラムの固定相や表面に進入し、完全に接触します。Uber One テスト混合物とウルトライナートの詳細については、こちらをご覧ください。

継続的な改良: お客様に利益をもたらすもう 1 つの Agilent J&W の特長

お客様の分析に求められる水準は、ますます厳しくなっています。そのため、アジレントは Six Sigma、Lean などの品質管理プロジェクトにより、カラム製造プロセスを継続的に改良し、最先端の性能をお客様に提供できるようにしています。

下の図は、カラム性能の重要な要素であるブリードが、過去 5 年にわたって継続的に改良されていることを示しています。

 

 

 
GC/MSカラムの特長
 
Agilent J&W ウルトライナートカラム カタログ(PDF)
 
ウルトライナートカラム e-セミナーの視聴(英語)
 
 
 
Agilent J&W GC カラム - 環境関連へもどる
 
Agilent GC カラムについてのさらなる詳細事項:
 
スループット(スピード)
信頼性
アプリケーションサポート